食紅を使って餅に文字を書く方法の分量の詳細と代用品を紹介

一歳のお誕生日おめでとうございます
子供の成長を願いって自分で一升餅に食紅で名前を書きたい
そんなあなたに一升餅の名前の書き方を解説します

初めて食紅を使う方でもわかりやすいように分量の詳細と
更には「食紅は添加物だから使いたくない」というあなたのために代用品もご紹介します

スポンサーリンク

食紅で餅に文字を書くにはどうしたらいい?

ネットで一升餅を検索すると可愛らしい画像がたくさん出てきて名前なども入っていますが
お餅には必ず名前を入れなきゃいけないと言うものではありません

背中に背負うのではなく餅を踏むから名前は入れなかったということもあります

地方によって文字の入れ方や お祝いの仕が違うので一緒にお祝いする人同士でどうするか相談しましょう

楽天などで名前入れしてくれるショップを見ると「寿」と「子どもの名前」が多いです
紅白餅の場合、どちらが「寿」でどちらが 「子どもの名前」なのか明確な決まりはなく地方によって様々です

よく見かけるのは女の子はピンクのお餅に男の子は白のお餅に名前を書いてるケースです
ピンクの餅と白い餅とでは白い餅に文字を書いた方が文字がはっきり出るので目立たせたい方を白で書くと良いでしょう

まずは名前を書く前にお餅の準備をしておきます
手につかないようにとつけた粉は洗い流して綺麗な布巾で表面を滑らかにします
しわや切れ目があるとそこに食紅が入って滲みます

そのあと餅はしっかり乾燥させて
表面を触っても指にべとつなかいくらい乾いてる状態にしておきましょう

次に文字を書く筆について
習字などを習っていて毛筆に自信があるようでしたら習字用の筆がベストです

大筆で「寿」は描きやすいですが
子供の名前を書くこと考えると小筆を用意した方が1本で済みます
口に入れる物なので未使用で新品の筆を用意しましょう

毛筆は100均で売っています
筆の毛色が茶色いものだと煮沸消毒したときにお湯が茶色くなり異臭がしますので
毛が白い筆が売っていたらそっちの方が下準備が楽です
抜け毛が出ないかチェックして 煮沸消毒しておきましょう

煮沸消毒自体が面倒ということでしたらこちらがオススメ↓

外でも使える水彩画用の筆です
持ち手に水が入れられて持ち手を押すことで簡単に筆を洗うことができますし
食紅を溶かすための水の量の調節がしやすいです

こっちの方が筆ペンの容量で習字用の筆より書き易いので
筆に慣れて無い人でも失敗しにくいです
一升餅ではなく小さい丸餅に書く場合にもオススメです

食紅はスーパーの製菓コーナーに売ってます
色は紅白にする為に赤を使うのが一般的ですが
餅が紅白なので文字は好きな色でと別の色を使っても問題ありません

一升餅を食紅を使って手作りされた方は新しく買う必要はないですよ
残ってる食紅を使って下さい

食紅の準備をします
食紅を開封して器に入れます
このとき使う器ですが

傷がついた容器では傷に食紅が入って色が取りにくくなることがあります
洗えば大体は落ちますがスポンジに色が付きます
それでほかの食器を洗うのに抵抗があるようなら
使い捨てできる紙コップなどがおすすめです

紙コップが家に無ければわざわざ買わなくてもいいですよ
なければ魚や肉のトレイなんかで充分です

注意して欲しいのが食紅を入れる容器は乾いてるものにして下さい
濡れているとその分食紅が薄まって色の調節が必要になります

乾いた容器に食紅を入れます

先ほど紹介した筆の持ち手を押して
1滴だけ水を加えます

そのまま餅に書いても出来ないことないです
はっきりとした赤で書くことができます
これは使った餅の表面がざらついていたから書けました

つるつるのお餅に失敗せずに文字を書くのであれば
餅に書いた文字がにじむのを防ぐ為に片栗粉でとろみをつけます

片栗粉をお湯で溶かしてとろみをつけて
それを1滴食紅に垂らして筆で混ぜていきます

このとき筆の持ち手から水が出ないように気を付けましょう
とろみが弱まるし、食紅も薄まります

水分が多いとその分色が薄く付くので
その場合は何度も重ね書きをしてお好きな色に調節して下さい

スポンサーリンク

食紅の分量はどのくらいで餅にどう色づく?

初めて食紅を使う場合は分量の加減で苦戦すると思います

ネットで調べると「食紅はごく少量」って説明されますが
ごく少量ってどれくらい?って話ですよね

食紅を手に取ってみればその小ささに思わず「小さっ!」と言ってしまうと思います

「もしかしてこれで1回分?」っと絵の具のような感覚で全部ドバっと使うと水に溶けず
赤い食紅なのに濃すぎて真っ黒になり血液や臓物を彷彿させるなんともグロい感じになります
テレビで放送される外科手術の映像とかが苦手な方は気を付けて下さい

今回使った食紅には専用のスプーンがついてます

必要な分量はこれの半分で充分です

スプーンの大きさはこれぐらい


小さじとティースプーンとの比較です
どれくらい少量なのかお分かりいただけたでしょうか?
本当に耳かきですくった位で大丈夫なんです

食紅はダマになりやすいので
水で溶いてて塊ができたらスプーンなどで突いて砕いてください

スプーン半分に対して水3滴くらいで溶けば 見た目は暗い赤ですが
書いた文字は「真っ赤」になります

以下がその写真です↓

 

見た目が鮮やかな赤の状態で白の下地に書くと「薄いピンク」になります
もっと濃くしたい時は筆をトントンと書いた文字を突くように色を乗せて
重ね書きしながら色を調節してください

出来上がりがコチラ↓↓ 上の文字と比べてこっちの方がピンク寄りです

小筆を使うときは筆全体に液を浸すのではなく毛先1センチくらいにしましょう
食紅は衣類に付くと落ちにくいので
極力使う液が少なく済むように心掛けると後片付けが楽です

食紅以外で餅に文字を書く代用品はあるの?

食紅の原材料名はデキストリン85%  食用赤色102号15%とあります
この 食用赤色102号は食品添加物となっている合成着色料です

添加物の過剰摂取は体に悪いと言いますが
食紅を使う分量はごく少量で体に有害とされる合成着色料はその中のさらに15%です

食紅の使用が今回だけだったり年に数回とかで
特に気にしないということであればそのまま使って貰えればいいんですが
中には「添加物が入ってるのは絶対嫌だ」というあなたのような人もいます

その場合は食紅を使わず天然色素を使いましょう

餅に文字を書く場合に使われる代用品は以下のものです

■赤紫蘇(赤というよりは赤紫寄りですね)
洗った赤紫蘇を塩もみして灰汁をとってそこにレモン汁をかけて絞れば完成です
赤紫蘇を茹でた茹で汁に酢やレモンを加えると鮮やかに赤くなります

■紅麹パウダー(赤ではなくくすんだピンクになります)
(クリックすると楽天の商品ページに飛びます)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

紅麹粉末 GABA(100g)
価格:1296円(税込、送料別) (2018/2/25時点)

食紅で餅に文字を書くおわりに

実際にやってみて分からないことがあれば
このページの下にあるコメントかメールフォームなどでお問い合わせいただければ
できる範囲でお答えしますのでお気軽にお問い合わせください

その他にも餅に合うかどうかはわかりませんが食紅の代用品をこちらで紹介しています
アイシングクッキー着色料代用一覧と使わない方法天然着色料も

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする