お餅を赤く着色してピンクにする作り方と色付けする材料紹介

鏡餅 紅白餅 一升餅 桜餅 菱餅 柏餅 三色団子など
季節の変わり目やお祝いなどに食べるお餅

子供のために作ろうとしてふと
「あのピンクのお餅ってどうやって作るの?」と思いませんでしたか?

そんなあなたにお餅に色をつける方法をご紹介します

スポンサーリンク

お餅を赤く着色するものとは?

お餅は白いですからピンクにするには赤い食用色素を餅と混ぜピンクにします

あなたが小さい時に絵の具でピンクを作るときどうしてました?
白と赤の絵の具を混ぜてピンクを作りませんでしたか?
それと同じです

では赤い食用色素とは何かというと
一般的に使われるのは食紅です
スーパーの製菓コーナーに行くと 1箱140円位で売ってます

容器が小さいので1箱で1回分かと勘違いしそうですが
1箱で何十回も使えます

中身は色のついた粉です
使う量は耳かき1杯程度で充分に色が付きます

食紅を水で溶かして餅に混ぜます
このときの水の量が少ない方が濃い色になり
水が多いと薄い色になります

食紅の分量についてはこちらに詳細があるので
ご覧いただけると理解が深まります
「子供に食べさせるから食紅は使いたくない」というあなたにもオススメです
食紅を使って餅に文字を書く方法の分量の詳細と代用品を紹介

上記の記事で紹介してる以外で餅に使える天然色素としてエビを使う方法があります

普通海老と聞いて想像するのはオレンジ色ですが
真っ赤な色をしたアミエビという種類のエビがいまして
桜エビみたいに小エビを干した状態で売られています
(画想をクリックすると楽天の商品ページへ飛びます)

これを餅と混ぜてピンクにします
見た目良し 味よし 香り良しという餅ならではの着色方法です

エビで色付けするとき
エビをそのままいれて餅にすると色ムラが出来ます
均一にしたいという事ならミルなどで粉末にしてください

スポンサーリンク

ピンク餅の作り方を道具別に解説

餅を手作りする方法として使われる道具は

もち米を蒸す道具
■せいろ
■炊飯器
■圧力鍋
■業務用スチコン (スチームコンベクションオーブン)

もち米を餅にする道具
■ 臼と杵
■ HB(ホームベーカリー)
■餅つき機
■ フードプロセッサー

こんなところでしょうか
何通りもの作り方があるのに道具別に作り方解説なんて
この記事長くならない?読むの大変?
なんて思っていませんか?

大丈夫です!

ピンクのお餅を作るのに道具はほとんど関係ありません
どの道具を使っても食紅や天然色素を入れるタイミングは同じだからです

もち米を蒸し終えて餅にする道具にセットした後に
食紅や天然色素を入れてください

好みの色に均一に混ざるまでは様子をみて
必用に応じて食紅や天然色素を足してください
入れ過ぎるともち米の量を増やさないと色が薄くならないので
少量ずつ加えていくのが失敗を防ぐコツです

ネットで作り方を調べると
もち米を炊くときに水と一緒に 食紅や天然色を入れて色を付ける方法を見かけますが
食紅を使ってせいろで蒸すとせいろに色が付きます
紅麹パウダーを入れて炊飯器で炊くと色が黄色に変色します

もちろん組み合わせによっては先に入れる方法でもうまく行きますが
熱が加わることで色が変化するものがありますし
色の調節がしにくいのでおすすめしません

餅を赤やピンク以外で色付けするなら?

ひな祭りの菱餅やお花見の定番三色団子など
餅を紅白以外の色にしたい時もありますよね

食紅の場合は色を変えればいいんですが
天然色素で餅を色付けしたいという時のために
食紅の代用品としてそのまま使える天然色素をご紹介します

黄色
ウコンの粉、食用菊、カレー粉

緑色
よもぎ、マズくない青汁の粉、青のり

また、お米自体に元から色がついてる種類があるので
それともち米を 1:1の割合で混ぜて蒸すことで色のついた餅を作ることができます
もち米だけで作ったような滑らかな餅にはならず米の粒が残ります

紫色
もち米に紫米 を混ぜる

黒色
もち米に黒米 を混ぜる

茶色
もち米に玄米を混ぜる

餅と味の面で合うかは未知数ですが上記以外の天然色素についてはこちらに詳細があります
アイシングクッキー着色料代用一覧と使わない方法天然着色料も

餅に色付けする着色方法おわりに

実際にやってみて分からないことがあれば
このページの下にあるコメントかメールフォームなどでお問い合わせいただければ
できる範囲でお答えしますのでお気軽にお問い合わせください
やってみた感想などお聞かせいただけると励みになります

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする