母の日のプレゼントの選び方|花以外のおすすめは健康系?

母の日のプレゼント毎年頭を悩ませますよね

そんなあなたに母に何を贈ればいいのか
プレゼントを決めるまでの思考法を私の義母を例にお伝えします

・カーネーションはプレゼント済みでネタがない
・プレゼントとして一応予算はかけたい
・母が現役で働いてる
・お菓子や日用品などは母は普段から貰っているのでそれ以外

という方は必見です

スポンサーリンク
  

母の日のプレゼントの選び方教えます

「母の日だから」といって漠然と「プレゼントどうする?」と考えると
そこで思考が止まってしまって母の日ギフトのザ・定番なアイテムしか出てこないと思います

ぶっちゃけこう言うものは物でなく気持ちですからね
定番のものを贈っても確かに喜ばれます

とりあえずプレゼントだからと有名で高級なブランドのものを選びがちですが
それってブランドの力に頼っているだけですよね?

もちろんそのブランドをあなたの母が好きならば問題ないですが
そうでなくて単に義母の好みが分からないからと高級ブランドでとなると
「高級すぎて私にはちょっと…」と使って貰えないこともあります

そうなると次につながる手だてが無くなって
気持ちがモヤモヤ…
なんだか関係がギクシャクし始めて
「毎年母の日が憂鬱…もうやめたい」ってなってしまうんです

そこであなたが本来調べるべきなのは
母の日のギフトの人気でおすすめな商品ではなく
あなたの母は普段どんな生活をしていて、何が好きで、どんなことに頭を悩ませるかってことです

こればっかりはグーグル先生に聞いても教えてはくれないので
義母にあった時に情報を仕入れるしかありません

「いや、それができたら苦労しないよ」

確かにそうです
直接母に「母の日何が欲しいですか?」って聞けないですよね?

でもそんなこと聞かなくていいんです
あなたはただあなたの母をひたすら本人に気が付かれないように見てればいいんです
(ストーキングとは違いますからね)
そうすると自然と義母のライフスタイルが見えてきます

もちろん母もあなたがいるとなれば気を張って普段しないこともするでしょう
しかしですね人が気を張ってる時間なんてそう長くは持たないものです
さらに言えば母にとっては当たり前すぎて気を張る所だとは思ってない抜け目が必ずあります

一緒にいて「え?なんでこうするの?」と思うこと過去にもたくさんありますよね?
中にはイラッとすることもあるかもしれませんがそれは家族にでも話を聞いてもらってください
ここでの目的は「母のライフスタイルを知る事」ですからね

朝起きてあなたの母はまず何をしてますか?
朝ご飯はどんなものを食べてますか?
どんな服を着ていますか?
何時ごろ仕事に行きますか?
どんな仕事をしてますか?
お昼ご飯はどこで何を食べてますか?
帰宅の時間は?
晩御飯はどうしてますか?
お風呂の時間はどれくらいですか?
休みの日は何をしていますか?
何か趣味のようなものはありますか?
何か父にぼやいていませんでしたか?

上記の質問に答えられるようならあなたは
あなたの母のライフスタイルを知っていると言えるでしょう

また、あなたが今まで母から貰ったもののを思い出してみてください
もしかしたら母のセンスや好みが見えてくるかもしれません

私は過去にストール2枚、ルームウェア、授乳服、マタニティ服など頂きました
この内、ストール2枚、ルームウェアは同じ色だったので
義母に「もしかしてこの色好き?」と聞いたら「そうね」と返ってきました

それ以降も義母の使う小物にはちょいちょいその色をお見かけします

そんな私の義母はどんなライフスタイルかと言いますと

・現役で働いてる職業柄仕事が終わっても休日でも突然呼び出しがかかる。本人は仕事にやりがいを感じている
・食事は自炊よりも外食になりがちだが朝食はしっかり決まったメニューを作る
・疲れているはずなのにバスタイムは短く家でも結局事務仕事してる時がある
・完全オフの日は前夜にお酒を飲んで翌日は父とでかける
・仕事柄お菓子なり、日用品なり、食品なり、衛星消耗品などを貰えて、たまに消化しきれなくて食品や日用品をこっちに贈ってくる
・仕事着で出勤するので私服はあまり着ないし化粧は薄め
たまに見る私服はファッションセンスがあるのかと思いきやそれすら頂きもので本人にセンスはあまりない
・あれこれ貰っても気に入ったものしか使わず、それでも頂いた気持ちを大事にしたくて取っておく
(戦後の日本の話を聞いて育っているので使えるものは捨てられない)
・用があって父に電話すると「私の電話にもかけなさい」と電話をかけてくる寂しがり屋
・孫が盲目的に好きで何かしら理由を付けて子供服を贈ってくる
・家事はだいぶ大雑把で全自動食洗機があるのに操作を覚えるのが面倒で乾燥機能だけ使ってる
・雑誌や新聞の投稿コーナーに自分の文章を贈るのが趣味で掲載されたものをとっておいてる
・自分のペースを乱されるのが嫌

なんだか義母の愚痴っぽい個所もありましたがこんな感じのことを知っていれば
母の日に贈るアイテムの中から「これは贈っても使われないな」と消去法が出来ると思います

スポンサーリンク

母の日のプレゼントで花以外を検討中なら

そもそも「母の日に贈るアイテム」がわからない

そんなあなたのためにまずは母の日に贈るアイテム一覧をご紹介します

ファッション小物・雑貨系
服、ハンカチ、スカーフ、財布、バッグ、ポーチ、エコバッグ
キーケース、エプロン、調理道具、腕時計、日傘、ヘアアクセサリー
眼鏡ケース、帽子、文房具など

食品系
お菓子詰め合わせ、高級食材、スイーツ、お酒
お茶、漬物など

健康・美容系
入浴剤、ハンドクリーム、限定コスメ、化粧品、パジャマ、健康グッズ、
健康食品、エステ券、美容器具、安眠グッズ、ヘッドスパなど

嗜好品系
宝石、アクセサリー、和装小物など

思い出系
旅行、食事、舞台のチケットなど

お金系
現金、商品券、ギフト券など

実際に誕生日などで贈ったことがあるものや
これは喜ばれそうにないなと思ったものを消去法で消していきます

まず、花は去年贈りました
お菓子や衛星消耗品はたくさんもらってるので却下
私服も持ってる数のわりに着る機会が少ないので却下
機械が苦手なので高知能の調理器具やマッサージ系の電化製品も却下
バッグや財布は気に入ったものでないと使われないので却下
化粧品は気に入ったものでないとつかわれないし相性もあるので却下
(以下略)

母のライフスタイルを踏まえてある程度消去法で消したら
今度はひたすらアイデアをひねり出しましょう

なかなかアイデアというとスッとは出て来ないと思うのでここでの思考法は
「あなたがプレゼントを贈って母がどうなって欲しいか」を考えます

もちろん喜んでくれたら嬉しいとは思いますが
渡した時ではなく、それを実際に使っている母を想像してみてください

普段の仕事の疲れを癒してほしい のか
少しでも仕事が楽になって欲しい のか
いつまでも元気でいて欲しい だったり
おしゃれな母でいて欲しい とか

そこから連想されるプレゼントを却下したもの以外で他に何かあるか探してみましょう

義母には
・普段の仕事の疲れを癒してほしい
・少しでも仕事が楽になって欲しい

という思いがあったので

リラックス出来るアイテムとして
・アロマテラピー
・マッサージオイルグッズ
・安眠枕
・パジャマ

仕事の効率を上げるアイテムとして
・万年筆
・付箋

などが思いつきました

母の日プレゼントのおすすめは健康系のアレ

今回は最終的に夏用パジャマを義母に贈ることにしました

パジャマかよって…って思いましたか?
てっきり上の候補の中ならマッサージオイルを選ぶだろうとか思いました?

確かにそう思うかもしれませんが
パジャマってよっぽどこだわりがある人以外自分で買うこと少ないですよね?
例えば旅行で使うとか、怪我や病気で入院したとかそういう目的がないと買わなくないですか?

うちの主人は高校時代のジャージをいまだに寝巻として履いてますからね(笑)
かくいう私も20代の時に職場の友人から貰ったパジャマを未だに着てます

義母もその自分では買わない一人で
義母の夏用パジャマはもう何年も着ていて
義父が「そろそろ新しいの買えば?」と思うほど年季が入ってます
そんな話が今回の決定打になりました

パジャマって多少奇抜なデザインでも
誰に見せることないからって着れちゃうもんなんですよね

なのでプレゼントとして失敗が少ないアイテムなんです

ここでパジャマがどう健康と関係あるのか軽く説明しますと
パジャマに着替えることで脳や体が「そろそろ寝るから準備してー」と寝る支度をします
そうすることによって寝ているときに効率よく体や脳が休まり安眠・快眠に繋がります

睡眠時間が同じでもパジャマひとつで眠りの質が変わるのであれば
これをプレゼントしに手はないでしょう

ただしパジャマの素材に気を付けないと
プレゼントしても使って貰えない可能性が出てくるので注意が必要です

詳しくはこちらで解説してます
義母の続編になりますのでよろしかったらご覧ください
母の日に贈るパジャマシルクの選び方60代の母にプレゼント

母の日のプレゼントの選び方まとめ

どうでしょう?あなたは母に贈るプレゼントを決めることができたでしょうか?

おさらいすると
■まずは母のライフスタイルをチェック
■ライフスタイルを踏まえてプレゼント向けアイテムを消去法で消す
■「贈ったプレゼントでなって欲しい母の姿」を考えそれに合うアイテムを絞り出す

是非素敵なプレゼントを贈ってあげてください

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする