待ち合わせ時間は何分前が良いのか早すぎたりぴったりの時は?

友人や恋人との待ち合わせで
何分前に待ち合わせ場所にいるのがいいのでしょうか?

会ってすぐ喧嘩になんてならないよう
お互いが気持ちよくなれる待ち合わせの時間の心遣いについて紹介します

スポンサーリンク
  

待ち合わせ時間は何分前が正解?

結論から言いますと
待ち合わせ時間の5分前に待ち合わせた場所にいるのが理想とされています

学校の修学旅行などで
「5分前行動」と先生に言われた記憶があなたにもあると思います
その名残として「5分前行動」が根付いてるようです

実際は待ち合わせ場所に行くまでの交通機関や道路の込み状況など
自分ではどうしようもない事情を踏まえて
5分前に待ち合わせ場所にいるように時間にゆとりを持たせて
結果的に10分前に到着するパターンが多いです

相手も待たせたくないという思いから
いつも10分前に来る人より早くと
15分前に待ち合わせ場所にいるというケースもあり

早く待ち合わせ場所に着いた方が勝ちみたいな競争になって
「10時集合なら10時に待ち合わせ場所に着けばいいんだろう!」
と待ち合わせに対してイライラするかもしれません

そんな時は仕事に置き換えると分かりやすいです
10時から勤務開始の仕事に10時丁度に職場に着たら間違いなく遅刻扱いされます
それは「10時から仕事が始められる状態にする」ことが社会人としてのマナーだからです

仕事を始める前には制服に着替えたり、引き継ぎや連絡事項を確認したりと何かしら準備をしますよね
それを行うために早く職場に来ることになります

プライベートの待ち合わせも同様に
10時に駅の改札で待ち合わせてそこから映画館に行くと決めたら
5分前の9時55分には相手と合流して
10時になったら映画館に向かうようにするのがマナーです

その為には
待ち合わせ時間の5分前より前に駅に着き
トイレに行ったり化粧直ししたりと身支度を整えておき
5分前に相手を気持ちよく迎えられるようにしましょう

中には30分~1時間前に到着して周りを散策しておき
これから行くであろう飲食店やカフェなどのチェックをしておくという人もいます

デートやショッピングなどの屋外での待ち合わせは上記のとおりですが
お宅に訪問するときは待ち合わせ時間から10分くらい遅れて行くのがマナーですのでご注意

スポンサーリンク

待ち合わせ時間の到着が早すぎるのは非常識?

「相手を待たせたくない」だったり「待ってる間の時間つぶしが好き」という理由で
待ち合わせ時間に早く来るのはいいのですが

待ち合わせ時間の1時間以上前に着いて
「もう着いてるんだけどまだ?」みたいな
相手を急かすような連絡がくると不快な気持ちになります

待ち合わせ時間に早く来るのは言ってしまえばあなたの勝手ですので
待ち合わせ時間を超えてないのに相手を急かすような行為は控えましょう

「適当に時間つぶしてるね」と言う意味合いで
「着いたよー待ってるね」と連絡したとしても
待ってもらってる側としては
「待たせてる!急がなきゃ」と受け取られる可能性があります

「時は金なり」と言う言葉があるように
相手を待たせることはそれだけの時間を奪うことになります

待たせてる側は例え待ち合わせ時間より早くついても
相手を待たせたことに悪いことをしたというすまない気持ちになります

気持ちよく待ち合わせをするのであれば
待つ側は相手に待たされることに申し訳なさを感じさせない配慮が必要です

例えば
「周辺散策してまーす着いたら連絡ちょうだい」
「カフェで本読んでるね」
といった

ただ待ってるのではなく何をして待っているかまでを伝えてあげるといいでしょう

経験談として合流するまでの実況中継をお互い送り合うと
お互いの状況を把握しあえるので安心感がありますし

「今、電車乗り換えたよー」とか
「渋滞にはまったー」とか
「スマホゲームのハイスコア出た」とか
「散策してたらあそこに新しい店が建ってた」

と何かと盛り上がったりします

待ち合わせ時間がぴったりなのは遅刻?

待ち合わせ時間に早く来るのが当たり前になっていると
待ち合わせ時間ピッタリの到着が遅く感じることがあると思います

早く着た側からすればその分待っていたのですから
「待たされた」気持ちになるのは分かりますが

待ち合わせ時間は過ぎてないのですから
ピッタリに到着した相手を遅刻扱いするのは控えましょう

ここで必要なのは待たせた側の心遣いです
自分は時間ピッタリで遅刻はしてないものの

待ち合わせ時間を抜きに相手を待たせた事に対して
ねぎらいやいたわりの言葉が一言があれば
相手も文句を言う気はなくなることでしょう

「ごっめーん待ったぁ~?」と
少女マンガのヒロインが言いそうな言い方は避けます
待ってて当たり前の姿勢に受け取れますし
待たせて申し訳ないという気持ちが感じられません

私が相手を待たせたときにしている方法は
「お待たせしてすみません」とか
「待って頂きありがとうございます」とか
「お時間頂き申し訳ございません」と
親しい間柄こそあえて敬語を使います

改まった言葉だからこそ
相手の待っていた時間をねぎらうことに繋がります

ポイントはあまりにもかしこまった雰囲気で言うと
相手が「(いつもと違うぞ)ん?どうした?」と違和感を感じたり
「いやいや、大丈夫だよ(もしかして落ち込んでる?)」と気を使わせたりするので

笑顔で「おはよう」とか「ありがとう」を言う感覚で
「すみませんお待たせしました」と言えば
相手も気持ちよく聞き入れてもらえます

待ち合わせ時間の心遣いまとめ

■待ち合わせ時間に行動できるように5分前に相手を迎える準備が整ってるのがベスト
■到着時間が早すぎた場合は待たせてる側に何をしているか伝えておく
■待ち合わせ時間にピッタリ到着しても相手を待たせてたらねぎらいの言葉を

相手を思いやる心遣いで気持ちの良い待ち合わせをしましょう
この記事があなたのお役にたてたのなら幸いです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする