一時保育持ち物|布団は保育園のお昼寝布団でOK?バッグは?

子供を一時保育に預けようと面接を受けたはいいが
持ち物準備に悪戦苦闘
特に布団選びはどうしていいか分からない

そんなあなたに
自身の体験をもとに一時保育の布団について紹介します

スポンサーリンク
  

一時保育の持ち物に布団が必要と言われ困った

一時保育で子供を預けると
お昼寝をするための布団が必要になることがあります
預ける園によっては大きなマットでみんなで寝て掛布団だけ持ってくるところとか
布団は用意するからシーツだけ必要なところとか様々

私が選んだところは布団一式用意するところでした

保育園に通わす予定があれば前倒しで布団セットを購入すればいいですが
幼稚園に入れる予定なら布団は使わないので

2018.11.21追記
幼稚園によっては年少や年中の最初の半年までお昼寝を設けてるところがあります

ここで子供用の布団を買うことにためらいがある場合
そんな時はベビーベッドの敷布団を持って行きましょう
掛布団は大人用タオルケットで代用できます

ベッド使わずに
子供生まれてからずっと川の字で寝てます
という我が家のようなとき

一時保育でお金がかかるのにさらに準備でお金使うのかと思うとちょっと考えもの
なるべく出費を抑えてどう布団を用意すればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

保育園のお昼寝布団と一緒でいいのか?

保育園で使うお昼寝布団セットの相場は3000円~5000円位
高級なものだと1万円するものもあります

何歳で保育園に入れるかにもよりますが
0歳から入園させたら最大6年間使うことになります
そうすると安さ重視の布団セットだと
使っていくうちにペラペラのせんべい布団になり

この布団で寝かすのはちょっとかわいそう…となり
買い替えが必要になります
保育園で使う布団ならちゃんとしっかりした布団を買うか
定期的に買い替える必要があります

しかし、一時保育の場合は利用頻度は最大週3日
期間も一時的なものであれば保育園で使う物と同じ布団である必要はないと考えます

西松屋で実際に布団セットを見て
お店の人に頼んで厚さを確認させてもらいました
セットで3000円の布団でも充分な厚みがあります

気になったのは布団の厚さではなく
カバーの素材が綿100%ではなかったこと

布団と綿100%のカバーを別で買おうとしても
入園準備の時期で商品が品薄で売っておらず

布団本体が綿100%のものは高くつき
どうしたものかと悩んでいました

さらに大事なのが持ち運びの利便性
車で登園する分には問題ないと思いますが
自転車や徒歩で登園するのに厚さ重視して
二つ折りのマットを購入しても持っていくのが大変です

園で預かってもらうことも出来ますが
それでも期間は決まっており
洗濯のために持ち帰ることは必須です

散々迷って買ったのはこちらの柄違いです
(画想をクリックすると楽天の商品ページへ飛びます)

上に加え赤ちゃんの時に使っていた防水シートをカバー代わりに使うと
防水シートの厚さが加わって多少ですが厚みが増しました

実際に子どもが昼寝するときに寝かせてみましたが
子供が起きるという事はなく
起きてから体が痛いという事もないので問題なく使えます

お昼寝布団を入れるバッグが思いのほか曲者だった件

お昼寝布団セットを購入すれば
布団を入れる布団バッグが付いてくるので問題はないのですが
今回のようにバラで用意すると布団バッグを用意しなければなりません

これも徒歩や自転車登園の場合は運びやすさと防水性が必要になってきます
セットの布団バッグはキルティングで出来てて上が紐やマジックテープだったりするので
雨の日に持っていくのには向かないです
先輩ママさんはゴミ用の大きなビニール袋を上からかぶせて使ってるそうです

という事もあって防水機能が付いた布団バッグを探してたんですが
これがなかなか良いものが無く
あったとしても楽天で2000~3000円だったりして
「だったら最初から布団セット買ったほうが早いわ!」となり

こればっかりはと手作りも視野に入れて調べたら

・セリアで大きめの袋が売っている
・100均レジャーシートで手作り
・IKEAのショッピングバックで代用
・布団バッグを設けずホテルなどの底の大きな紙袋で代用
・袋に入れず丸めてアウトドア用のベルトで固定

など色々ありました

結局私が選んだのは家にあった大きいトートバッグに
マットを四つ折りして無理やり入れるというものでした

一時保育の布団選びまとめ

■まずは園で指定がないか聞いてみる
■ベビーベッドの敷布団がOKならそれでも大丈夫
■布団セットを買うなら使用頻度考える
■徒歩や自転車登園なら持ち運びやすいさを考慮
■布団バッグは防水性があるものを選ぶと良い

この記事があなたの役に立てれば幸いです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする