夏祭りの服装|子育てママが浴衣以外で子供と楽しむコーデ案

子供の幼稚園や保育園、保育所などで開催される夏祭りに
ママたちが着る服ってどんなものなのでしょうか?

夏祭りに適した服装とNGパターン
ママでもおしゃれに夏祭りが楽しめる
浴衣以外の服装と子どもの浴衣事情をご紹介します

スポンサーリンク

夏祭りの服装子育てママはこれがNG

子ども関係のイベントの服装は必要以上に気を使いますよね
イベントと言う特別な日だからいつもと違う格好したい気持ちもあるけど
決め過ぎてガンバってる感が出過ぎて
周りから浮いたら嫌だなとか
ママ友に何か言われたらどうしようとか
おしゃれを最優先で育児をちゃんとしてないママに思われたりしたら嫌だしとか

正直夏祭りなら浴衣着たいけど
「うちの子、抱っこできるかな?」とか
「走り回る子どもを追いかけられない」とか
「せっかくキレイにしてもすぐ汚されるし」とか考えたら
即「無理」と思って私服を選択せざるを得なくて

「え~何着たらいいんだろう…」って頭かかえちゃいますよね

ママに求められる服装は
「何かあった時に子供を守れるように動きやすいこと」
「既婚者としての落ち着きがあって女を出しすぎないこと」
「公共の場に相応しい清潔感があること」です

NGな例を紹介しますと

ピンヒールは子供の足を踏む危険性があり
幼稚園や保育園などは園内が土のところが多く刺さって穴が開きます
「何かあった時に子供を守れるように動きやすいこと」
という観点から他のママからの印象は良くないです

ママ甚平
子供が甚平で着てて楽だしお揃いコーデができると
手を出してしまいがちですが
黒地に薔薇とかヒョウ柄とか黒とピンクの配色や紫なんかは
ヤンキーママ扱いされやすいです

どちらかと言うとレディース甚平はパンツ派の10代女子が着る服なので
ママ世代が着るとはっきり言って痛いです

露出度が無駄に高い服
見せブラして背中全体が開いてる服だったり
パンツが見えそうなくらいのミニフレアスカートとかは
動き易さがあって涼しいかもだけど
既婚者としての品に欠けるます

「何ガツガツしてるんですか?」と問いたくなる

個人的にはショートパンツは20代前半の若いママが履くのはアリ
「いいねーママ若ーい!!」ってはしゃぎます(注:私は女です)
でもしゃがんだ時に裾や腰からパンツが見えちゃってたらNG

ちなみに浴衣でも自分で着崩しが直せて
子供の年齢が年長さんとかだったらアリなのでは?と思います
幼稚園や保育園の最後の夏祭りの思い出として記念に浴衣を着るというママがいます
卒園式とかで着物着るタイプのママですよねきっと

スポンサーリンク

夏祭りの服装浴衣以外でママがおしゃれするコーデ案

先ほど紹介した3項目を抑えておけば
ぶっちゃけその場に浮くこともないし
ママ友に茶化されることもないし
何も問題はないのですが

「せっかくだし、いつもよりおしゃれしたい!」

という女心を満たすのであれば
それなりに作戦と立てる必要が出て来ます

浴衣以外のママコーデ案その1 普段の服装に夏の和小物をプラスする

普段のTシャツとデニムのコーデでも
■麦わら帽子
■籠バッグ

この2つを装備すれば
それだけで不思議と夏祭り感が出ます

オススメの帽子とバッグはコレです
(画想をクリックすると楽天の商品ページへ飛びます)

麦わら帽子↓↓

カゴバッグ↓↓

この時のトップスはシンプルな無地のものの方が主役は小物であることが強調されます

髪が長いママならヘアゴムの代わりにかんざし使ってアップスタイルにするのもアリです

また、夏祭りをモチーフにしたアクセサリーなんかもあるので低予算向け
金魚、風鈴、扇子、りんご飴、かき氷、スイカ、蚊取り線香、ヨーヨー など
ワンポイントであると可愛いですし
会話のきっかけになったりもします

浴衣以外のママコーデ案その2 花柄ガウンを羽織る

浴衣は着れないけど浴衣感が出るアイテム
これも普段のTシャツとデニムのコーデにプラスするだけ
なんならタンクトップでも大丈夫
二の腕と腰回りをカバーしてくれるのでママには有難い
こんな感じ↓
(画想をクリックすると楽天の商品ページへ飛びます)

これもトップスはシンプルな無地のものがよいです

黒地を選べば花柄に抵抗があるママでも着られます

屈んだときは裾を汚さないように注意が必要です
ポリエステル100%とかの化繊でシフォンなどの透ける生地なら
汚れても水で軽く洗っておけば勝手に乾きます

浴衣以外のママコーデ案その3 マキシワンピorマキシスカート

育児中のスカートスタイルの強い味方
ゆったりと楽チンなのに品があるアイテム

ポイントはボリュームを抑えたシルエットにすること
ストンとしたシルエットが大人の落ち着きを演出してくれます

キャンソール型だと肩を隠したくて何か羽織りたくなるので
出来るならTシャツ型のワンピースを選びたい

こんな感じです↓↓
(画想をクリックすると楽天の商品ページへ飛びます)

カラーはできるだけ既婚者らしい落ち着いたベーシックカラーで
ネイビー、グレー、カーキ、ブラック辺り

足元はあえてペタンコサンダルと合わせてハズして
光物のブレスレットをアクセントにしたい

着太りするようなら
ベルトやロンTでウエストマークしてください
指し色にもなりますよ

スカートの場合は
浴衣に使われてるような色合いだと周りとなじみます

トップスはフレンチスリーブだと品が出ます
足元はその分スニーカーでカジュアルダウン

このときデニムスカートだとカジュアル感が大きいのでご注意

どうしてもスカートは動きにくいということでしたらスカーチョやスカンツで代用しちゃいましょう

子供の夏祭りの服装はどうする?浴衣?私服?

子供に浴衣を着せる場合

子供の浴衣はママが着せられるなら何歳からでもOK
でも買ったばっかりは糊が取れてなくてごわごわしてるので
子供が嫌がったらやめてあげましょう
事前に何回か着せておくのがコツです

大体2歳前後から子供は服の好みを主張しだします
それまでは肌触りの良くて涼しく動きやすいものであれば大丈夫なので
ママに合わせてしまっていいでしょう

服の好みを主張する年になっていたら
子供の服装にママが合わせてあげてください
これから買うなら子どもと一緒に見に行くもの手です

男の子は甚平が定番で
下がスナップボタンになていてハイハイ期でも着られるものがあります

女の子はバリエーションが豊富で

女の子用の普通の浴衣に留まらず
ふわふわスカートの浴衣ドレス

女の子用の甚平や
それとは別に甚平にフリフリが付いた甚平ドレス

着脱を考えたセパレート浴衣
など様々あるので

明らかに浴衣って感じじゃない活発な娘ちゃんでも
着せ替えで楽しめますよ

ママ・子供ともに私服の時は
ママの服装と子どもの服装をリンクコーデにすれば
シンプルな組み合わせのコーデでも特別感が出ます

日常的にリンクコーデしてたらそうはいかないかもですが…

まずは子供とママとどちらの服に合わせるかを決めます

色、アイテム、生地の素材、シルエットなどで
何かしらをコーデで繋がりを持たせるとさせて

ママと子どもの服装に統一感が出ます
迷子になっても
すぐに「あ、この人ママだ」って第三者でもわかったりもします

夏祭りの服装で迷うママへおわりに

たかが夏祭りされど夏祭り
服装ひとつで気分が上がって楽しめるのであれば
それに越したことはありません

服装がおしゃれだと積極的に写真に残そうという気持ちになれるので
子供に付き合わされたなんて思わず
今しか作れない楽しい思い出を作ってくださいね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする