布ライナーの作り方手作りの型紙で家にあるもので作ってみた

毎日使う布ライナーの交換頻度のもっと増やしたい
だけど、買うとコストがかかる

家には古布がいっぱい
ならば自分で作ってしまえ!!

布ナプキンに慣れてより生活を快適に過ごしたい
布ナプ中級者さんへ

布ライナーを型紙から作ったのでご画像付きで紹介します
ミシンなしの手縫いでもできますよ^^

スポンサーリンク

布ライナーの手作り型紙の作り方

今回使ったのは洋服買ったときに挟まってる普通の厚紙です
小さかったのでテープで留めて繋げました

大きさの目安としていつも使ってる布ライナーをなぞります
型紙は縫い代を追加するので完成したライナーより面積が大きくなります
厚紙はゆとりを持って大きく大胆に使いましょう

製図に使ったのは普通のボールペンです

使用感丸出しで恥ずかしいんですが
今回基にした布ライナーはこちらです↓↓
(画像をクリックすると楽天の商品ページへ飛びます)

よれよれですが大体の大きさがこれで分かりました
次はこの線を頼りに型紙の実践を書いていきます

ライナーをなぞった線に合わせて定規をあてます
「よれよれ線をまっすぐするならこう」と思う線を書いてもらえれば大丈夫です


一見正方形に見えますがこのライナーはひし形なんです
なので垂直に線を引くのではなく斜めに線を引くことになります

この時方眼か書かれた透けてる定規を使うと数ミリ傾いた線が引けます
今回は3ミリ傾いた線にしました

使った定規はコチラです↓↓
曲線の長さも図れるし製図は書きやすいしなので
裁縫をするのであれば持っていた方が絶対いいです
(画像をクリックすると楽天の商品ページへ飛びます)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

clover クロバー 方眼定規 50cm
価格:1080円(税込、送料別) (2018/9/27時点)

角はそのまま尖がっていてもいいんですが
折角手作りするなら可愛くしたいと思って角を丸くしてます

厚紙の切れ端にライナーのカーブだけなぞって
そのカーブをはさみで切ります

それをカーブ用の線引きとして
ライナーの型紙に合わせてカーブを書きます

別のやり方として

向かいの対角は元になるカーブをコピー用紙か何かにうつして
型紙の上にうつし紙をのせて上から筆圧強めにうつしたカーブをなぞってください

大抵の厚紙であれば書いた筆圧で後が残ります

と言う方法もあります

ここで出来た線が仕上がり線になります
この仕上がり線を基に縫い代を書き足します

仕上がり線の外側に仕上がり線に対する平行線を書きましょう
縫い代の幅は5mm~10mm(1cm)ぐらいです


縫い代線が書けたら縫い代線をさみやカッターでを切りましょう

今回私は縫い代を書き忘れ
結果的に元になった布ライナーより小さいものになりました
使うのに問題はないので結果オーライとします(笑)

型紙らしく布目線とボタン位置を書き足しました
幅が広い方がボタンをつける方です

元になる布ライナーがない方のためにざっくりですが
大きさ測ってみました

高さ 20.4㎝
幅 19.3㎝
この大きさのひし形を書いてください
角のカーブを書く前の長さなので
ひし形を書いた後はお好みでカーブを足してください

これで型紙が出来ました
次はこれを基に布を裁ちます

スポンサーリンク

布ライナーの生地はシルクの古着をリメイク


今回使った材料は
左から順に 作ったけど使わなかった布おむつのさらし布
      100均の可愛い布(綿100%)
      ボロボロに着古したシルクのブラキャミ  です

ブラキャミはこちらで紹介してます
白tシャツで下着が透けるのを防ぐ対策インナーのおすすめとは?


型紙の布目線と実際の布の目が平行になるように型紙を置きます
面倒ならしなくてもいいですが布目を合わせた方が仕上がりがキレイですよ

この時も方眼定規が役に立ちます
耳(端の始末がいらなくなってる部分)に対して定規を垂直にして
耳と型紙の布目線を平行にします

定規に方眼が印刷されてるので垂直線と平行線が分かりやすいです


何枚も一度に作りたい時は布を重ねて立った方が効率です

型紙に両面テープを貼って記事と型紙を固定して
布を重ねて裁ちばさみで切ったんですがうまく切れませんでした

なので、布を重ねて切るのが難しいと思ったら
一番上の布に型紙に沿って書いてしまった方がいいです

で、切ってるうちに重ねた布がずれてくるのを防ぐために
重ねた布は書いた線の内側で待ち針を使って布を固定しましょう
重ねる枚数は2~3枚の方が失敗がすくないかな

今回4枚で裁ったけどやりにくかったです

裁ち終えた生地がコチラ
ライナーの中に入るさらし布です
アイロンくらいかけろと…(笑)

次は外側の柄の布です
どんどん裁っていきます

裁ち方は全く先ほどと全く同じです

裁ちおわりはコチラ

最後に肌に触れるシルクの部分の裁断です
キャミソールを一度畳めば生地が4枚重なります
この上に型紙を置いて裁断します


伸縮性があって
ほつれてくる可能性があるし
表面がつるつるしててよく生地がずれます

かなり裁断が難しかったです

以前布ナプキンを同じように作ったことがありましたが
その時はシルクだけは面倒でも
1枚ずつ型紙の形を記事に直に書いて切ってました

この方法が確実です
今回は結果的に型紙よりちょっと小さく裁ってしまい
生地を伸ばして使うことに…

裁断がすべて終わったら
シルクとさらし布を重ねます

先ほど説明したように
シルクはほつれやすいし伸びやすく
そのままでは縫いにくいです

なのでほつれにくくて伸びにくいさらしの布と先にくっつけておきます

重ね方は一番上がシルクの表面になっていれば大丈夫です
さらしは中に入るので裏表気にしなくていいですよ
気になる人はさらしの表側にシルクが重なるようにしてください

全て重ね終えました
作業スペースがあるならそのまま平置きしておけばいいのですが
ないなら待ち針でずれないように固定してくださいね

布の端から0.3~0.5㎝のところを縫います

久しぶりにミシン使ったので
感覚を忘れているというのもありますが
上手くいかなかったのでほとんど手縫いです

今度は柄の布と中表に重ねます

ずれないように待ち針で固定します

ミシンで縫う場合はなるべく待ち針をひし形の内側で止めると
縫う時待ち針が邪魔になりません

裏表をひっくり返すために5センチ程度開けておきます

さらし布を見てシルクと重ねたときの縫い目の内側に
柄布と縫い合わせた縫い目があるか確認してください

これが出来てないと
ひっくり返した時に最初に縫った縫い目が見えます

確認が終わったら生地をひっくり返して外表にします
カーブの部分は内側から指で縫い目をなぞるとキレイになります

ここでキレイに形を整えたくてアイロンを使うのはNGです

シルクは熱に弱いのでアイロンは極力使わない方が無難です

形を整えるとおそらくシルク生地が伸びて大きくなりますがこれで大丈夫です

このままでも使えるんですが
仕上がりをキレイにしたいので
端から3ミリ程度のところにステッチを入れました

4枚全部終わりましたゴール目前です

市販の布ライナーですとスナップボタンになりますが
スナップボタンを取り付けるための道具の値段が使用頻度のわりに高いのと
今回は元になったライナーより小さく作ってしまったので

ボタンとループを取り付けました

ショーツにつける時はこんな感じです
こうすればショーツにつけたときに距離が足らないなんてことにはなりません!!

こちらが完成品

ループは柄布とシルクを縫い合わせる時に一緒につければよかったんですが
小さく作ったことを忘れていたので外付けになりました
ループをつけた場所を隠したくてお花のレースを切って縫ったらなんとも可愛らしい
使い捨ては出来なさそう…

おりものシートとして手作りした布ライナーを使ってみたら

今回小さく作ってしまったので急きょループとボタンにしました
「自分のミスをどうにかカバーしたぜ☆やったっ!!」と作った時は思ってたんですが

実際に使ってみたら普通に幅が足りて
つけたループとボタンではすぐに外れました

なのでこういう↓↓
(画像をクリックすると楽天の商品ページへ飛びます)

金属のスナップボタンに付け替える予定です
縫い目隠しのレースのお花は可愛いのでそのままつけておきます(笑)

布ライナーの作り方 おわりに

同じ生地で作った多い日用の布ナプキンも作ったので
興味のある方はご覧ください
布ナプキンの作り方型紙から生地まで画像付で紹介 ミシン手縫両方可

作業工程で分からないことがありましたら
下のコメント欄かお問い合わせメールフォームにてお気軽にお問い合わせください♪

この記事があなたの役に立てたのなら幸いです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする