布ナプキンの作り方型紙から生地まで画像付で紹介 ミシン手縫両方可

布ナプキンを使い始めてその良さは分かったけど
多い日の夜はやっぱり心配…

失敗したときの敗北感が半端ない

どうにか失敗しない夜用の布ナプキンをシルクで欲しい
しかも安く!!

悩んだ末に布ナプキン自作しました

冷えとり始めて布ナプキンにも慣れてきた布ナプ中級者さんが
よりよく快適な生活が送れるように

多い日用の布ナプキンを型紙から作ったのでご画像付きで紹介します
ミシンなしの手縫いでもできます

スポンサーリンク

布ナプキンの作り方 型紙編

型紙を自分で測って線引いてもいいんですが
基になる布ナプキンを買ってそれで型紙を作る方が手っ取り早いです

今回使ったのはコチラ↓↓
(画像をクリックすると楽天の商品ページへ飛びます)

新品は最初形を綺麗に整えるための糊がついてるのでパリッとしています
なので、形をキレイになぞることができます

適当な厚紙の上に布ナプキンをのせて
ボールペンかなんかで輪郭をなぞってください

なぞり終えた輪郭に平行になるように外側に縫い代を書きます
今回は0.5㎝の幅にしました

はさみで切り取ります
これで型紙は完成です
簡単でしょ♪

布ナプキン 作り方 生地について

ナプキンの吸収体として布おむつで使われるさらし布を使用しました
子供が生まれたら布おむつでと思い妊娠中に作って
(結局生まれてからは紙おむつを使いました…)
その時の布おむつを再利用しました

輪オムツを4つ折りにして一番上に型紙を使ってナプキンの形を書きます

重ねたまま、まとめて生地を裁断します
こうすると生地がずれにくいので簡単に同じ形に切ることができます

輪っかになってる輪オムツの4つ折りなので計8枚同時に切ることができました

続いては肌に直に触れる生地になるシルクです
普通に生地で買うとなかなか売ってないし値段も高いです

なので普段使ってる古着のシルクを使います
これは着古したやつです

古着のブラキャミについてはこちらで紹介しています
白tシャツで下着が透けるのを防ぐ対策インナーのおすすめとは?

スポンサーリンク

ブラキャミを縦長に折ってさらし布同様に型紙を使って記事に直に線を書きます

もう一つ可愛いサーモンピンクのキャミを使って計8枚シルク布が切れました

さらし布とシルクを表が上になるように重ねます

こっからちょっとうまく解説できるか自信がないんですが
冷えとりの概念に基づいて横から見たときの断面が

シルク(絹)
コットン(綿)
シルク(絹)
コットン(綿)

となるように4重にして作りたいので
肌に直に触れるシルク生地が↑で言うと下から2番目のシルク生地になるように重ねます
そうすると縫って裏返した時にシルク生地が一番上に来るようになります

ミシンでも手縫いでもどちらでも構いません端から0.5㎝のところを縫います
そのまま1周せず裏返すための隙間を5㎝程度開けておいてくださいね

裏返したらその隙間を縫ってください
手縫いの方がキレイにできます

こっちが肌に触れる面で

こっちがショーツ側になります

形を整えたら端から0.3㎝~0.5㎝くらいのところをステッチします
見て分かる通りざっくりとした縫い目でも大丈夫です

これで完成です

今回作った布ナプキンの使い方や使った感想

このまま単品で生理以外のおりものシートとしても使えますし
2枚1組にして防水布のついた布ナプキンと合わせれば昼用として使えます

これ使ってます↓↓
(画像をクリックすると楽天の商品ページへ飛びます)

基にした布ナプキンをホルダーにして合わせて使えば生理2日目の夜でも大丈夫でした
日中使う時は汚れたら一番上のを取り外ずせば肌に触れる面がキレイな状態をキープできます

同じ材料でおりものシート用に布ライナーも作りました
興味がある方は是非ご覧ください
布ライナーの作り方手作りの型紙で家にあるもので作ってみた

布ナプキンの作り方 おわりに

作業工程で分からないことがありましたら
下のコメント欄かお問い合わせメールフォームにてお気軽にお問い合わせください♪

この記事があなたの役に立てたのなら幸いです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする