食紅を使わないでカラフルな色をつける代わりの代用品一覧 | ぷろぐれったねっと

食紅を使わないでカラフルな色をつける代わりの代用品一覧




食べ物とかお菓子をカラフルに色付けして
SNS映えしたいんだけど
食紅は体に悪いから使いたくない

なにか別のもので代用できないかなーっという事で
食紅の代わりになる代用品を集めてみました

あなたが作りたいものに合わせて選べる
食紅代用品だけで作ったカラーパレット一覧を用意してますので
どうぞご活用くださいませませ☆

スポンサーリンク

食紅を使わないというか使いたくない理由

食紅って聞くと私は小学生のクラブ活動で
理科クラブの子が作ったスライムを思い出します

なのでなんつーか…
食紅=食べられるという概念が薄くてですね
どうにも使う気になりませんで

それでも一応流行に乗って
おやつとか作るときになんかは
子供が好きなキャラクターだったりで
映えるもの作りたくなる訳ですよ

それで1回食紅使ってみたんだけど
色鮮やかなはっきりとした色を出そうとすると
使う食紅の量が多くなって

出来上がりを食べると食材の元々の風味が無くなり
着色料の味がメインになってしまい
頂けない状態になります

なので、子どもが口に入れる以上は
ただ単に色がついてればOKという訳じゃなくて
食の安全的なものを考えてしまう訳で

やっぱりおいしいって言ってもらいたい訳です

食紅の代わりになるものってなんぞや?

食紅の代用として身近なアイテムは

■ジャム
■かき氷シロップ
■濃厚とか濃縮ジュース

なんかが挙げられています

手軽に手に入るし余っても問題ないし
むしろ余ってるから食紅代わりにして何か映えるおやつでも作るとかでも大丈夫です

ただ注意してほしいのが
上記3つが合成着色料でキレイな色がついてることもあるので
合成着色料である食紅を使いたくないから代用品を探してるのに

結局その代用品に合成着色料が入ってると
本末転倒になるので

もし代用品として使う時は成分表示を見てくださいね
「○色○号」ってかかれてたらそれが合成着色料なんでww

後は別の方法として
野菜とかから色素を抽出して天然色素を手作りする方法がありますが
手間はかかるし、作った色素は長期保存が出来ないので
子供がいる家庭では困難極まるなと

じゃあどうするかと考えたのが
お菓子と言えばフルーツとの組み合わせかなと

こういうフリーズドライ製法でパウダーにしたのが売ってるんで
これで濃さを調節すればある程度の色は作れるだろうと

粉状になってるから保存料とかを使わず無添加だし
長期保管できるから防災食としても使えるんじゃないかとか
(それはないか?どうなんだ?)

うちの子は珍しく果物が苦手な子でして
カットフルーツとか食べてくれなくて
おやつの中にこっそり偲ばせるしかありませんで…

だったら果物だけじゃなく野菜でも行けるんじゃね?と
むしろ野菜嫌いな子の方が多くね??うちの子も食べないし
となり

ジャンッ!!

これは食紅のように混ぜて色を作る事は
やってできないことは無いんだろうけど組み合わせ次第では味がね…なので

プリキュアはとか仮面ライダーとかは難しくても
ドラえもんやピカチュウ、アンパンマンやミッフィーくらいなら作れます

で、ちょっと具体的にキャラクターを作ると仮定して話しますが

うちの子はきかんしゃトーマスが好きなので
トーマスの何かお菓子を作るとしましょう

トーマスに使う色は
青、赤、グレー、白、黒、黄色

じゃあコレをフルーツパウダーや野菜パウダーで作ろうとなると

まず青は… ん?青!?
青い果物って?野菜って??

とりあえずとばして赤
赤は~…赤い野菜はトマト?
赤い果物は…イチゴ??

ってなんとなく思いついた野菜や果物のパウダーがあるか探しますよね

で、実際買ってみたら

あれ?赤くならない…

って事もあります

上記の例でいうと
トマトはパウダーだと茶色っぽいオレンジだし
(レンガ色?テラコッタ??)

イチゴパウダーは赤いのもありますが
物によってはピンクだったりします

そんな失敗を防ぐために
あなたが作りたい色にするにはどれを選べばいいのか
分かりやすい早見表を作ってみました


スポンサーリンク

食紅の代用品一覧 カラーパレット

先にお断りしておきます
あくまで綺麗な色が作れる発色の良さや食の安全性を優先してるため
味云々は一切考慮せず紹介しています

あと、どうしたって発色の良さは食紅やフードカラーといった食用色素に劣ります
完全な代用品ではありません

以上を踏まえてご覧ください♪

食紅の代わりになる赤色の代用品とは?

ラズベリー(フランボワーズ)やイチゴのパウダーですと大体赤いです

ただ、商品ページとかでパウダーが赤くても
赤くしたいものが生クリームなどの白いものですと
真っ赤にするのは難しいです

あくまで混ぜたときに赤くなることを考えると
もっと濃い赤である必要があります

アメリンチェリーやダークチェリーは
見た目は血液のような色なので生地と混ぜたときに綺麗な赤になりやすいです
パウダー化してるのが探したけど見つからなかったので
ジャムや缶づめを使ってください

パウダー化してて且つ、赤色の発色がいいのは
ビートルートとかビーツと呼ばれる大根の一種の野菜を原料にしたパウダーです
健康や美容にいいので尚良し

オレンジ色の食紅の代用品とは?

オレンジ色って言うからにゃ
みかんパウダーだろ?って思うことなかれ
みかんパウダーは黄色またはベージュです

同様にマンゴーやかぼちゃ辺りもそんな感じでイエローです

キレイなオレンジ色(ややこしいのでだいだい色)を作るなら
にんじんなら?とも思われますが
にんじんパウダーは熱を加えると色が薄くなるものがあるので
焼き菓子には向きません

熱を加えても発色の良い橙色をつくるならパプリカです

食紅の代わりになる黄色の代用品とは?

材料に卵が入っていれば黄色になりますね
そのままでもよくね?(え?)

元々が白いものなら
上記でいってますがマンゴーやかぼちゃあたりが黄色くなります

あとは
サフランとかターメリックなどのハーブでも
熱を加えても発色がキレイです

食紅の代わりになる緑色の代用品とは?

抹茶の2文字で終わらせたいところですが
抹茶は原色の緑と比べちゃうと鮮やかさにかけますね

もっときれいな原色の緑にしたいのであれば
ケールです

青汁でも大丈夫です

食紅の代わりになる青色の代用品とは?

別記事で紹介してるので
コチラをご覧ください↓↓

カラフルなおやつを作ろうと思うけど 合成着色料は添加物なので使いたくない どうにか無添加で体に安全なものを使って お菓子に色付けをしたい 緑は抹茶、茶色はココアは思いつくけど 青ってなんかあったけ? こればっかりは着色料に頼るしかないのか? そんなあなたに無添加の青が作れるアイテムをご紹介します

食紅の代わりになる紫色の代用品とは?

これは単純に紫色の食べ物である紫いもです

またはブルーベリー、マキベリーといったベリー系でも大丈夫です

ただ、双方に共通した注意点として
紫色は卵が混ざると化学変化で青緑に変色するので
卵を使うお菓子には向きません
(青緑作りたい人はむしろこれで)

どうしてもクッキーやホットケーキ、スポンジケーキなどの卵を使う
お菓子で作りたい場合は
卵アレルギーの人向けの卵なしレシピを探してみてください

食紅の代わりになるピンク色の代用品とは?

見た目が赤い粉末であれば
作りたい生地が白ければ合わさってピンクになります

コチラも紫同様に卵が混じるとオレンジがかったサーモンピンク?みたいな色になりますので
元々の生地が白い方が色味がキレイに出ます

ピンクは食用色素を探すというよりは
いちご味で探した方が生クリームなり、チョコレートなりで商品化してるものが多いので
そういう探し方をしてみてもいいかもです

ちなみにですが、紫の代用品にレモン汁を足すとピンクになるので
紫とピンクを作りたいのであれば紫色の代用品だけで済みますよ

もっと言うとピンクと紫と青色を使うのであれば
青色の代用品の一番最後に紹介してるので済みます

もう1回貼っておきます↓↓

カラフルなおやつを作ろうと思うけど 合成着色料は添加物なので使いたくない どうにか無添加で体に安全なものを使って お菓子に色付けをしたい 緑は抹茶、茶色はココアは思いつくけど 青ってなんかあったけ? こればっかりは着色料に頼るしかないのか? そんなあなたに無添加の青が作れるアイテムをご紹介します

食紅の代わりになる茶色の代用品とは?

製菓用のココアやインスタントコーヒーが使えます
最近はコーヒーでもカフェインレスがあるので子供でも安心

ピンク同様チョコ味で探すと
出来上がりが売ってる可能性があります

食紅の代わりになる黒色の代用品とは?

ブラックココアという黒色のココアがあり100均でも売ってます

個人的には竹炭パウダーのが美容に良いのでこっちかなと

食紅の代わりになる代用品の使い方

ここで一通り作りたい色の代用品が分かりましたよね?
作りたい色が無かった場合は
コチラのお問合せのメールフォームからリクエストいただければです

さて、食紅の代用品が分かりました
カラフルおやつを作るとして

どのタイミングで代用品を使えばいいかって話です

もちろん何を作るかによって使い方や順番は変わるんですが
大雑把にざっくり言うのであれば

粉物を合わせて作るお菓子
クッキーやホットケーキ、白玉などは
粉物を合わせるタイミングで一緒に入れてください

生クリームやマカロン、チョコレートなど
固さが重要になるスイーツも
混ぜはじめる前に入れておきます

粉物を使わない生クリームやホワイトチョコレートは
先に少量小分けにして代用品のパウダーを溶かしてから
全体と合わせるとムラなく仕上がりがキレイになりますよ

食紅の代わりになる代用品 おわりに

単純に食紅の代わりになるだけで充分だよなーとは思いつつ
どうせなら体にいいものと思って探すと
ただの数グラムの粉なのに結構なお値段してしまうものもあったりして

スイーツ業界でもSNS映えするヒット商品をつくろうと
天然素材で鮮やかな色が出せるよう研究してるくらいですから

我々がやろうとしていることってプロと同じなんですよね
あれこれ研究していったら
プロからオファーが来る…  かもしれません

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする