着物を着たあとクリーニングは必要なのか 失敗しない出し方とは?

お宮参りや七五三、成人式や卒業式、結婚式など
大事な時を着物で迎え

大変お疲れとは思いますが
忘れて欲しくないのが着物のお手入れです
脱いだ着物をどうしてますか?

着物を脱いでからクリーニング出すまでの工程をご紹介します

スポンサーリンク
  

着物を着たあとクリーニングに出す前に必ずやってほしいお手入れ法

着ていた着物は
歩いて裾に砂埃がかかったり
はしゃいでかいた汗をたくさん吸っていたり
食べこぼしがついたりで
目で見えてないだけで想像以上に汚れています

うっかりそのまま放って置くと
見えなかったシミや汚れが姿を現しカビが生え
次着る時に覚えのない汚れに愕然としてしまうでしょう
カビはシミ落としでも落とせないので最も注意が必要です

家族が昔着ていた大切な着物を借りてるということでしたら
あなたの小さなうっかりが
取り返しのつかないことになります

晴れ舞台を飾ってくれた大事な着物を
この先にも受け継いでいけるように
着たあとにちゃんとお手入れをして
綺麗な状態を保っておきましょう

陰干しは絶対する
着物を脱いだあとは可能ならばその日のうちに
風通しのよい室内に広げて1~2日陰干ししておきましょう
正絹は日光に弱いので必ず日陰で行ってください
室内でも出しっぱなしにすると蛍光灯でも色ヤケを起こすことがあります。

干すことで着物が吸い取った湿気を取り除くことができます
汗染みはクリーニングでは落とせないのでこれだけで着物の持ちが違います

七五三の被布や袴、振袖のファーショールも同様に干しておきます

着物専用のハンガーがあればいいのですが
無い場合は100均で売ってるバスタオル用のハンガーが代用できるのでオススメです

袴は普通のハンガーに折って干すか、ボトム用ハンガー、
洗濯バサミがぶら下がってる物干し等に吊るしてください
(洗濯バサミの跡が気になる方は厚手の布か紙を間に挟んでください)

帯は平らにして床につかない程度に畳しわに沿って折り干しておけばシワが取れていきます

着物のクリーニングはそもそも必要なのか?

汚れてないみたいだし
陰干ししたしそのまま保管でもいいのでは?
と思うかもしれませんが
絹は生き物ですので時間の経過とともに変化していきます

白地の着物を久しぶりに箪笥から出してみたら黄色になっていたという事もありまります
いい状態をキープするのであればそれなりのお手入れが必要です

お祝いの時に着る祝い着と呼ばれるものであれば
基本陰干し後すぐにクリーニングに出しましょう

ちなみに七五三で着たあと年明けのお正月にまた着る予定でいるなど
1年以内に着る予定があるならクリーニングに出さずに自宅保管で充分です

目安として年単位で着る予定がない様でしたらクリーニングは必須と考えましょう

着物のクリーニングで失敗しないための出し方

クリーニングに出すものと自宅で洗濯出来るものを仕分ける

借り物の着物をクリーニングするのに
あなたに着物の知識が無くて不安と言うことであれば

スポンサーリンク

汚れがあるものは全てお店に持っていき
クリーニングが必要かどうか
汚れ具合を見てお店の人と相談してください

そうでなければ
肌襦袢、足袋はよほどの汚れがない限り自宅でクリーニングが可能です
(但し、素材が絹の場合は必ず着物と一緒にクリーニングへ出した方が◎)

たたんで目の細かい洗濯ネットに入れて洗濯機へ
他の洗濯物といっしょで構いません
気になる方はドライコースで

足袋は叩いてシワを伸ばしてから
金具が上になるようにして干してください
肌襦袢は乾いた後アイロンでシワを伸ばします

クリーニングに出す前に着物の現状を記録しておく

トラブル防止対策として
・汚れがある部分を写真に残しておきましょう
 (アップだけではなく、着物のどの辺りか分かるように)

・着物の寸法を事前に測っておきましょう
(可能ならお店に持っていた際に店員さんと一緒に確認しながら行うのがベストです)

・色落ち確認のためのの残布があるかどうか確認しましょう

・洗った後、着物の状態がどうなる危険性があるかお店の人に確認しましょう
 ただ「生地が少し痛む」だけ言われたのなら、今後いつどれくらい使用するつもりなのかを伝え
 それでも表に出して恥ずかしくならないかなどを確認してください

持っていくときは畳んでたとうしに包んで持っておきましょう
平らな状態が持ちにくいということであれば
ヘアピンのようにべったり折るのではなく「つ」の字のように曲げる程度にとどめましょう

着物を着たあとのクリーニングおわりに

昔の着物、今回のような祝い着は
着る人に合わせて仕立てられているので
行ってみればオーダーメイドの特注品です

世界に一つしかありません

ですので多少手間はかかりますが
同じものはないことを肝に銘じて扱いましょう

失敗を防ぐためのクリーニング店の選び方はコチラで紹介しています
着物のクリーニングはチェーン店じゃ駄目!?おすすめはどこなの?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする