着物を友人に借りる時クリーニングはどうしたら?お礼の相場は?

お宮参りや七五三、成人式や卒業式、結婚式など
お祝いごとで必要なのが着物

友人知人から着物を借りたのはいいけど
普段着物を着ないので
その後はどうしたらいいのか分からない

クリーニングをして返した方がいい?
何かお礼した方がいい?
いくらか包むの?金額は?

折角の晴れ舞台を
トラブルで終わらせ無いための方法を
ご紹介します

スポンサーリンク

着物を友人に借りる際にトラブルにならないための注意点

高価な着物の貸し借りは一歩間違えると
友人の信頼を失くす大きなトラブルになります

その多くは借りた側が着物の扱いに慣れてなく
本人も気づかぬうちに着物を汚してしまうことです

着物と洋服は扱いも所作も異なります
着物を借りた以上は
汚さないように心掛け
最低限の着物のことを知っておくのがマナーです

トラブル防止のために着物借りることになったら
事前に友人と打ち合わせしてしっかり確認しておきましょう

・誰がどうやって着物を渡すのか
かかる運賃や送料はどちらが負担するのか

・借りれるものは一式なのか? 借りる側が用意しておくものはあるかどうか
他人が使った肌襦袢が嫌だという場合は自身で用意する必要があります
体系によっては補正のタオルが必要な場合があります余分に持って行ってもいいでしょう

・髪型はどういう感じにする予定なのか
ヘアスプレーがついた髪が着物に触れると着物が汚れます
髪が着物につくスタイルは控えましょう
どうしてもの場合は友人に相談しましょう

セットする際に着物にスプレーが付くなんてもってのほかです
ヘアセットやメイクは先に済ませておきましょう

・トイレ、食事、階段などの所作や着くずれの直し方はどうするか
貸す側に聞いてもいいし、それで分からなければ着付け師が教えてくれます

・着物を着たあと誰がどうやって着物を返すのか
クリーニングはどちらがするのか
着物を汚してしまったらどうすればいいか
友人と相談して決めましょう

借りた着物はクリーニングどうする?

まずは着物を脱いだ後に必ず陰干しを行ってください
詳細はコチラ

着物を着たあとクリーニングは必要なのか 失敗しない出し方とは?

洋服を借りた場合はクリーニングに出して返すのが一般的ですが
着物の場合は事情が違います

着物専用の汚れ防止加工がしてあったりするので
着物は仕立ててもらったお店にクリーニングを出すのが常です
勝手に借りた側でクリーニングに出すとトラブルになります

まずは借りる際にクリーニングはどちらがするのか
貸す側としっかり確認してください

スポンサーリンク

肌襦袢や長襦袢は正絹でなければ自宅の洗濯機で洗えます
その際はネットに入れた方が安全です
干した後はアイロンをかけましょう

肌襦袢や長襦袢が正絹の場合はクリーニングに出します

いずれの場合でも貸す側と相談して決めてください

気を付けていても着物を汚してしまうことがあるかもしれません
もしそうなったら必ずに貸す側に見せてください

善意であったとしても着物は素人の判断でどうこう出来るものではありません

貸す側と話し合い、クリーニングにかかった額を支払いましょう

着物借りる時のお礼と相場

着物を着てお祝いごとが済んだら
着物を借りたお礼はどうしたらいいのか
困りますよね

クリーニング代のこともあるので
相場も気になります

ここで注意してほしいのは
どういった経緯で着物を借りる事になったかです

あなたが先方に「お願い着物貸して」ということであれば

2万~5万円+菓子折り

先方から
「着る人いなくて勿体ないから貸すよ」ということであれば

3~5千円+菓子折り
1万円+着物を着た写真

あなたがクリーニングに出すということであれば
クリーニング済みの着物+菓子折りでも良いでしょう

着物を友人に借りる時クリーニングについておわりに

着物の貸し借りはその人との信頼関係が試されます

どうしてもトラブルを避けたいということであれば
友人から借りるのではなくレンタル会社に頼みましょう

素敵な晴れ舞台になりますように

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする