子供のリップクリーム誤飲は成分次第で危険 電話で問合せた体験談有

赤ちゃんが大きくなって
物を持てるようになると気をつけたいのが誤飲
少しでも隙あらば物を口に入れるので
ママたちはひと時も休めないですよね

今回はリップクリームを誤飲したときの
対処法や知っておきたい情報と
体験談として花王に問い合わせたときの内容を解説します

スポンサーリンク
  

子供がリップクリームを誤飲したときの対処法

唇の乾燥防止だけでなく
メイクする時間がないママにとってリップクリームは
数少ないメイク道具だったりします
最近は色つきのバリエーションも増えてきましたね

そのリップクリームを子どもが誤飲したとき
ママはどうすればいいのでしょうか?

唇に塗るためのリップクリームですから
口の中に入っても平気なように作ってあります

それは子どもも一緒です
舐めた程度でも 塊をかじったとしても
口の中を拭き取って様子をみてください

いつもと様子が違っていたり、
下痢や嘔吐の症状があった場合は病院に受診してください

元気そうにしてるようなら大丈夫です

スポンサーリンク

リップクリームの成分によっては命の危険に

注意すべきはリップクリームの成分です

一言にリップクリームと言っても効果の違いによって
「化粧品」「医薬部外品」「医薬品」と分かれています

その中で「医薬部外品」「医薬品」の場合
カンフルという防虫剤に使われる成分が0.3~0.6%含む物があります
(「薬用」と表記されてるものに多い)

リップクリームに防虫剤?と思うかもしれませんが
健康な皮膚をあえて刺激して
その反動で悪い状態の皮膚の治りを早める役割をしています

このカンフルを乳幼児は0.5g以上 成人が1g以上飲むと
入院が必要となるほど中毒症状が現れることがあります

誤飲したリップクリームにカンフルが含まれるのか
確認してみてください

カンフルが含まれているリップクリームを誤飲していたら

牛乳や母乳は飲ませないでください
カンフルの体内吸収が増える可能性があります

無理やり吐かせようとしないでください
痙攣を引き起こすことに繋がります

すぐ救急車を呼び病院へ向かってください

ここで厄介なのが商品によってパッケージの成分表に
表示されているものとそうでないものがあります

カンフルの文字が無いからといって油断は禁物です

そもそも購入したばかりでない限りパッケージを残す人は少ないでしょう

その時は
「商品名 成分」または「メーカー名 お客様相談 電話番号」
で検索してみてください
メーカーによりけりですが電話での相談窓口を設けているところがあります

ネットの検索に自信がなかったり
もっと手っ取り早く調べたい場合はこちら

日本中毒情報センター
中毒110番・電話サ-ビス
一般専用電話
大阪 072-727-2499 (365日24時間対応)
つくば 029-852-9999 (365日9時~21時対応)
(情報提供料無料)

子どもが誤飲したので花王に電話で問い合わせてみた

以前子どもが誤飲したリップクリームは

販売名『ニベアナチュラルカラーリップブライトアップb』でした
(画像をクリックすると楽天の商品ページへ飛びます)

当時は「販売名+成分」で検索して花王の公式サイトに入り
成分を確認するもカンフルの文字は無く逆に心配

商品説明のご注意の中に「応急処置SOS」というページが設けてあり
そこからお客様お問合せページにたどり着けました

各商品ごとに問い合わせ番号は異なり
ニベアについてのお問い合わせはこちらです
0120-165-699 
受付時間 9:00~17:00土日祝日除く

そこにかけると受付時間外でつながらず
緊急用の相談窓口の電話番号を案内されました

花王緊急受付センター 03-5953-9700

そこにかけてみると電話につながり

・子どもの年齢
・誤飲した商品名
・誤飲した量

などを説明しました

先方からも状況把握のため
色々質問されたと記憶してます

その後、問い合わせについての回答を調べる為
しばし保留音で待たされます

可能ならばその時にメモの用意をしておくと安心です

結果として

『この商品に有害物質は入ってないのでご安心ください
しばらく様子を見て何か異常があった場合はその時に病院へ行ってください
その結果通院することになったのでしたら再度こちらにお電話ください』

ということでした
通院したら花王さんは何をしてくれるのか気になりますが
幸い子どもに異常はなく再度連絡することはありませんでした

子供のリップクリーム誤飲についておわりに

日本小児科学会の「こどもの救急」というHPがあります
誤飲だけではなく生後1か月から6歳までの症状について
対処法が掲載されています
http://kodomo-qq.jp/index.php

小さいお子様のママは一度目を通しておくと
いざという時に心強いです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする