着物は化繊でも洗濯表示を見て意味を知ってアイロンがけも

お宮参り、七五三、入学式や卒業式、
成人式、結婚式など

初詣や同窓会などのちょっとしたお出かけにも
様々なシーンで使える着物

化繊の着物はクリーニングン出さなくても
自宅で洗えるんです

その方法と注意点を解説します

スポンサーリンク

化繊着物の洗濯の方法と注意点

最近は化学繊維の洗える着物が増えてきたので
敷居が高いかなと思った着物でも
手に入りやすくなりましたよね

自宅で洗濯出来るならと化繊の着物を購入したものの
ネットを見ると化繊でも洗濯できないとも聞いた

我が家にある着物はどっちなの?
どうやって洗濯すればいいのでしょうか?

まず注意してほしいこと

絹よりも安価で買えるし
汚れても自宅で洗えるので気兼ねなく着られる
クリーニング代も抑えられる
着る機会を考えたらこれで充分!

というのが化繊の着物の強みなのですが
実はその素材によっては
自宅で洗濯できないものもあります

理由として挙げられるのは

・一言に化繊と言ってもぴりエステル以外に
レーヨン、キュプラといった洗濯すると縮む素材を使ってる

・ポリエステルは染色するときに色が染まりにくく
洗濯すると色落ちしてしまうことがある

・化繊でも古いものは縮む

・生地は化繊でも縫ってる糸が絹のものがある
・着物に紋が入っている

自宅で洗う前提で購入したのに
洗濯できないってショックですよね…
今あなたの手元に着物が果たして
洗濯できるのかどうか気になりますよね

まずは洗濯表示のタグがついているかどうか確認してください
「ポリエステル 100%」と記事の種類が表示されていますし
洗濯の方法が表示されています
洗濯表示の見方については下に詳細がありますのでそちらをご覧ください

ネットオークションやフリマアプリで購入した
アンティークの着物や古着の場合
着物に洗濯表示のタグがついていないものがほとんどです

そういった場合は生地の見分けが必要です
普段から着物に触れる機会が多ければ
見た目や障り心地で化繊なのか絹なのか判断できますが
着物初心者の素人には難しく

誰でもわかる方法として
着物の見えない部分の端の糸を取って燃やし
燃え方や臭いで確認するという方法がありますが

そこまでするのはちょっと…
と思うようでしたら

悉皆屋(しっかいや)と呼ばれる着物の相談屋さん
(現在では着物のクリーニンング店を指す場合が多い)
がありますので近所の悉皆屋さんに持って行って
相談してください

それも面倒という事なら駄目になってもいいという覚悟を決めて
洗濯するという手もあります
くれぐれも判断は自己責任でお願いします

スポンサーリンク

自宅で洗濯可能だと分かったら

自宅で着物を選択する際の手順を説明します

1.畳んで洗濯ネットに入れます
畳み方が分からなくても
着物の折り目に合わせて畳めてればいいです
ちゃんと畳みたい方はこちら(音が出ます)

洗濯ネット普段の洋服用ではなく毛布や座布団用の大きいサイズで
出来れば網の目が細かいものが良いです

2.洗濯機に入れます
洗剤はエマールやアクロンといったおしゃれ着用洗剤です
製品が定める分量を水の量に合わせて入れてください

静電気が気になる場合は仕上げに柔軟剤を使いましょう
水または洗濯表示に設定された水温で行ってください

洗濯機にドライコースや手洗いコースがあればそれで構いません
シワが気になる場合は脱水の時間を5~15秒で止めて
着物から水が滴り状態で取り出します

3.着物ハンガーで干す
風通しの良い日陰に干します

このときにシワがあったら両手で挟んで叩いて伸ばします
着物の重さで縦方向のシワは干してる間にのびてくれます

乾燥を待つか、アイロンで乾かします
アイロンについては後ほど説明します

化繊の着物の洗濯表示の意味を知ろう

市販の洋服には必ず洗濯表示のタグがついてますよね
家に昔からある着物ではなく
ここ数年で購入した物であれば
着物にも洗濯表示のタグがついています

それを見てあなたの着物が洗えるのかどうかが分かります
表記は洋服と同じです

平成28年12月から洗濯表示の記号が変わりました
着物をいつ購入されてるかによって記号が違うので
こちらで確認してください

これを知っておけば洋服のデリケートな素材も
クリーニングに出すか自宅で洗えるかの判断がしやすくなりますので
これを機に覚えておくと便利です

調べるのが面倒という場合は
お風呂のマークに×(バツ)がついていたら
自宅でのクリーニングは不可だとだけ
覚えておけば大丈夫です

着物のアイロンかけた方ポリエステルの場合

着物を早く乾燥させたかったり
乾いたらシワが出来てたということならアイロンをかけましょう

手順と注意点
1.アイロンの温度が高温だと着物がテカったり溶けたりするので
必ず低温で行ってください

2.着物の裏からアイロンをかけます
このときもテカり防止と生地を汚さないように
必ず当て布をしてください

3.軽く表をかけます
アイロンを押し付けたりせずふわっとかけます
怖かったらスチームに設定してアイロンを浮かせて
スチームをあてるようにしてもいいです
スチーマーがあればハンガーにかけたまま使えるので便利です

保存する際はビニール袋に入れると
時間の経過で劣化して着物にくっつくことがありますので
袋に入れるのは控えましょう

おわりに

化繊の着物は使い捨てなんて言う声もありますが
ちゃんと手入れをすれば長く着ることができます

記念としてとっておくとしても
綺麗な状態で残したいですよね

是非自宅での洗濯をお試しください
今回は化学繊維の場合を解説しましたが
正絹の着物の場合はコチラをご覧ください
着物のクリーニングはチェーン店じゃ駄目!?おすすめはどこなの?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする