チョコレートの赤いハートの作り方と食紅の赤色がNGな理由

バレンタインで渡すチョコレートはやっぱり手作り
今回チャレンジしたいのは真っ赤なハートのチョコ

ピンクじゃなくて色鮮やかな真っ赤のチョコレートで
好きな人に熱い思いを届けましょう♪

お菓子作り初心者から
家にあるもので出来る代用品と
お子様でも安心して食べられる着色料不使用なもと分けて
赤チョコの作り方を解説します

クリスマスケーキのサンタさんや
戦隊モノのレッドなどのキャラチョコにも使えます

スポンサーリンク
  

チョコレートで赤いハートを簡単に作るには?

まずはお菓子を作りをするのは初めてだけど
バレンタインは手作りで勝負したい初心者向け

ズバリ赤いチョコレートを買うことが一番簡単に済ませられます

○キャンディーライター
(クリックすると楽天の商品ページに飛びます)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合
がございます。]

CK キャンディライター レッド 赤 チョコペン
カラー フタ付

価格:432円(税込、送料別) (2018/6/1時点)

アメリカのチューブ型のチョコペン

さすがアメリカと言わんばかりに大きいですが蓋が付いて繰り返し使えます
使うときは電子レンジで30秒温めて溶けたチョコにムラがないようにチューブを揉み
溶けたチョコをハートの型に入れて固まらせれば完成です

○100均チョコペン
海外製が抵抗があったりもっと低予算で済ませたいのであれば
100均の製菓コーナーにチョコペンとして赤いチョコレートが売ってます
一言に100均でもお店によっては赤がないところもあります
赤が売っているのはダイソー、セリア、ミーツ、レモンです

湯煎で溶かして型に入れてください
キャンディーライターに比べると薄い赤です

○wilton(ウィルトン)社 キャンディーメルツ

(クリックすると楽天の商品ページに飛びます)

キャンディーという名前ですが中身はチョコレートです
タブレット状になってるので湯煎で溶かし
味を加えることが出来ます

上記3商品は初心者には難しいテンパリングが不要なので仕上がりも綺麗です

赤いチョコの作り方で食紅はオススメしない理由

チョコに色を付けるというと
食紅をホワイトチョコレートに入れれば色がつくと思いますが
スーパーなどで売っている粉状の食用色素をホワイトチョコレートに入れると
ボサボサになりチョコレートの艶や風味が消えます

水分が足りないといって水で食紅を溶いたらチョコと混ざらず分離します
チョコレートは油分が多いので水とは混ざりません

クックパッドやネットでは
サラダ油、マヨネーズ、リキュール、はちみつ、生クリームなど
水以外物ので食紅を溶いた方法が紹介されてますが

同じようにチャレンジしても
発色が悪かったり、匂いがついたり、固まらなかったりとなかなかうまくいきません

細かい分量の調節はお菓子作りに慣れてないとハードルが高いです

ホワイトチョコレートを着色して赤色にするということであれば
チョコレート専用の油性着色料を買うのが正解です

どちらにせよ真っ赤にしたいとなると使う食紅や着色料の量は多く
味の面、健康面の観点から見て人に贈るものとして相応しくありません
歯や舌にも数日色が残ります

詳細はこちらの記事に書いてあります
チョコレートを色付けする方法まとめ 食紅の溶き方と代用品

食紅や着色料でのチョコレート色付けは個人で楽しむ用に留めておくのが無難です

チョコを赤色にするオススメの作り方

では赤いチョコを作る方法は買う以外ないのかと言われたらそうではなく

赤いチョコを食紅や着色料使わず
小さい子どもでも安心して食べられる
無添加にこだわった作り方があります

ストロベリーチョコに色を足すことです
ホワイトチョコを真っ赤にするのは多くの食紅や着色料が必要なため
ピンク色のストロベリーチョコに煮詰めたストロベリーピューレを足して
少量の着色でピンクを赤にします

ストロベリーの味と色が重なって双方に深みが出ます
色良し味よしなのでバレンタインの贈り物にピッタリです

ピューレ以外では
ストロベリー、ラズベリー、ダークチェリーの
ドライパウダーがオススメです

※ドライパウダーやストロベリーチョコをご購入の際には
原材料に合成着色料(赤色102号など)が入ってないかご確認ください

同じストロベリーチョコでも色が濃い目のものを選んで下さい
意外と市販に売ってなかったりします

楽天でこんなの見つけました↓↓このままでも充分赤いです
(クリックすると楽天の商品ページに飛びます)

赤色のチョコレートの作り方おわりに

真っ赤なハートのチョコレートはバレンタインの王道ですが
本命以外の人に渡すと重いって思われるので
気を付けてくださいね

あなたの思いが伝わりますように♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする