バレンタインはチョコとコーヒーに合う食べ合わせが良い物を

バレンタインチョコをどうするか毎年悩みますよね
普段コーヒーを飲むことが多いあの人には
コーヒーを飲むときに一緒につまめるものを選びたい

しかしコーヒーもチョコも言ってみれば「嗜好品」
贈る人の健康を考えたとき
少しでも体にいいものを贈りたいと思ったら

この記事はあなたの役に立ちます

スポンサーリンク

バレンタインチョコをコーヒーに合うものから選ぶときの注意点

バレンタインでチョコをあげることを考えると
どういう場面で食べてもらいたいかを考えますよね

男性が仕事の合間に飲むと言ったらコーヒー
コーヒーと相性がいい鉄板になっているチョコレート
とコーヒーに合うチョコレートをお探しのあなたに警告

コーヒーとチョコレートは甘いものと苦いもので
味覚としては無限ループできるマリアージュの組み合わせですが
健康面から見た「食べ合わせ」の観点で行くと
悪い組み合わせになります

理由はコーヒーとチョコレート両方に含まれるカフェイン
一時的に集中力を高めるものとして効果はありますが
過剰摂取すると睡眠障害や脱水症状、嘔吐、頭痛などの原因になります

もしあなたがチョコを贈る人が
とても社交的で職場で大量に義理チョコを貰うような環境で
貰った当人がコーヒーのお供にチョコレートを食べるとなると
贈る側にも注意が必要です

職場の本命の男性や
大好きな彼氏や夫の体調を気遣うためにも
味覚だけではなく食べ合わせという視点で
バレンタインチョコを選んでみてはいかがでしょうか?

コーヒーと食べ合わせが良い物から選ぶ

普段コーヒーを飲むことが多いのであれば
バレンタインチョコにこだわらず
コーヒーと食べ合わせが良いものを贈りましょう

【コーヒーと食べ合わせの良い食材】

バナナ イチゴ キウイ パパイヤ ブドウ 柿

ナッツ類 栗 ヨーグルト

生姜 唐辛子 わさび ミント

マグロ カツオ しらす 豆類

一言にコーヒーと言っても
浅煎り、深煎り、ミルク入り、カフェオレなど
種類がありますよね

浅煎りは他の種類と比べて合わせやすく、
爽やかな味わいのものやフルーツとの相性がいいです

上記の中で提案するなら
「ストロベリータルト」や「ミントチーズケーキ」「ブルーベリーパイ」
上記のフルーツを使った「ムースケーキ」

深入りは香りの強いものは避け
苦みを中和してくれる甘めのスイーツがおすすめ
チョコレートも含まれますのでご利用の際は分量を少なめに

上記の中で提案するなら
「モンブラン」「アーモンドクッキー」「キャラメルナッツ」
上記フルーツを使った「アイスクリーム」「ドライフルーツ」

スポンサーリンク

カフェオレやカフェラテなどのミルクを入れたコーヒーは
同じ乳製品を使ったものや
ミルクと相性がいいキャラメル系などがおすすめ
深入り同様チョコレートとも味覚の面で相性がいいのです

上記の中で提案するなら
「キャラメルナッツ」「ヨーグルトバナナケーキ」
上記の食材を使った「クッキー」

「(コーヒーと食べ合わせの良い食材) お菓子」で
レシピが出て来ますので
色々検索されてみてください

コーヒーと食べ合わせの良いイチゴを使った
真っ赤なチョコレートの作り方はコチラ

チョコと食べ合わせが良いものから選ぶ

バレンタインはやっぱりチョコを贈りたいという人は
一度着眼点を変えてコーヒーに合う物ではなく
バレンタインチョコと食べ合わせがいいものを一緒に贈りましょう

【チョコレートと食べ合わせの良いもの】

リンゴ(特に皮)、ココア、
ブランデー、ウィスキー、シェリー酒、貴醸酒、赤ワイン、シャンパン

「アップルパイ」などのリンゴのお菓子や
リンゴとチョコの組み合わせで作ってもいいですね

お酒を手作りチョコの中に入れるのもいいでしょう

また、リンゴのお酒として
「カルヴァドス」という林檎から作られたブランデーや
「シードル」といったリンゴを発酵させて作る林檎酒などもあります

お酒のプレゼントの場合
シチュエーションとしては職場ではなく
バレンタインの夜に自宅で楽しむといった感じですね

おわりに

手作りでチョコを用意する場合は
カカオを70%以上含むダークチョコレートが健康にいいです

好きな人を想い健康にこだわる方は是非お試しください

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする