メルカリ領収書の書き方 匿名配送の場合と手書きにする理由

メルカリで領収書を依頼されて
断るユーザーが多い中で

買って頂いた購入者の為に
領収書をきちんと発行したい

そう思うあなたへ
なるべく個人情報を出さずに

経費として計上できる領収書の書き方を解説します

スポンサーリンク

メルカリの領収書の書き方【保存版】

領収書に必要な項目

・領収書発行者の名前または名称
→後ほど解説

・支払を行った年月日
購入手続きと入金が同時であれば購入日、異なるときは入金日

・但し書き
何を買ったのかを「(商品名)代として」と記入
支払方法がクレジットの時は「(商品名)代として (クレジット決済)」と記入
「お品代」は経費計上の領収書として相応しくないので使わない

・受領金額とその内訳
購入者が支払った金額を記入し先頭に「¥」末尾に「-」を付ける
内訳に手数料やポイント、クーポンの詳細を書きます
記入する金額はコチラで詳しく解説してます

・領収書を受け取る人の名前
領収書を求められたら購入者に宛名をどうするか確認しましょう

・収入印紙と消印
5万円以上の場合のみ クレジット払いは5万円以上でも不要

消費税法で定められてる帳簿として効力のある領収書の記載事項は
上記だけなのですが、一般的には上記に加えて以下の項目も含まれます

・「お金を受け取りました」という旨の文言
・発行者の印鑑(シャチハタ可)
・発行者の住所または電話番号
・タイトルとして「領収書」の文字

購入者への確認事項

上記の項目の中には購入者へ確認が必要な項目があります

・支払方法
・ポイントやクーポンの利用
・宛名
・通し番号

また、一言に領収書と言っても経費として落とすために使うのか
レシート代わりに使うかで書き方も変わってくるので

・使用用途

も確認しておきましょう

テンプレートを用意し
領収書の発行を依頼されたら
そのままコピペ出来るようにしておくと便利です

例文を用意したのでお好きに編集してご利用ください

————————–例文ここから——-

領収書のご用命ありがとうございます

恐れ入りますが
領収書を発行するに伴い
二重計上などの不正防止のために
○○様に確認させて頂くことがございます

以下の項目に必要事項をご入力頂き
当方までコメントをお願いいたします

尚、勝手ながら必要事項にご入力頂けない場合は
領収書の発行をお断りさせて頂きます
ご了承ください

■お支払方法を以下の中からお選びください(複数可)

過去の売上金・クレジット・コンビニ払い
ATM支払・キャリア決済・
ポイント利用(  ポイント)・クーポンの有無( %off)

※キャリア決済で引き落としがクレジット経由でしたら
「クレジット」と「キャリア決済」の2つをお選びください

■ご希望の宛名
※上様や空欄はお受けできませんご容赦ください

■使用用途(いずれかをお選びください)

経費として計上するため

レシート代わりとして

————————–例文ここまで——-

スポンサーリンク

メルカリの領収書匿名配送のとき発行人の名前は?

あなたが購入者の満足度を高めるために領収書を発行するということであれば
避けて通れないのが発行者であるあなたの個人情報を購入者に伝えるという事です

メルカリは匿名配送できることが大きなメリットなのに
領収書を発行することで個人情報を相手に公開するのは意味がない
といって他のメルカリユーザーは領収書を断る訳です

レシート代わりに発行する領収書であればメルカリのユーザー名で良いのですが
経費として計上するためには「どこの 誰か」というのが明確でないと
領収書として成り立ちません

なので個人情報の公開を出来る限り抑えるという意味で
領収書の用途を購入者に確認する必要があります

経費で落とすための領収書は
前章で解説した消費税法で定められてる効力のある記載事項に

領収書発行者の名前または「名称」とあります

つまり社会的に通用する呼び名であれば本名でなくても
旧姓やビジネスネームで領収書を発行することができます

ハンドメイドや転売で収入を得ている個人事業者で
本名を伏せたいのであれば有効な手段です

メルカリでの領収書は手書きをオススメする理由

領収書に必要な項目がすべてそろったら実際に領収書を発行するのですが
100均などで売られている領収書はオススメできません

なぜなら最初から印字されている内訳が
「税抜金額」「消費税額等」や「小切手」「手形」となっているからです

5万円以上で収入印紙が必要な場合でも税抜金額が5万円以下なら印紙が不要なので
それを明確にするための項目なのですが
メルカリに消費税は関係ないので
(たまに「税込価格」と表示してるのを目にしますが…)

「税抜金額」「消費税額等」という項目は使いません
同様に「小切手」「手形」も使いません
メルカリでの領収書で内訳に必要な項目は以下の3つです

「メルカリ利用手数料」
「クーポン割 ( %)」
「ポイント利用 (1ポイント=1円)」

市販の領収書でも備考欄があるタイプでしたらそこに書き込むことができます
または面倒ですが項目を二重線と訂正印をして上に項目を手書きする手段もあります

領収書発行の依頼が多ければ手書き、またはパソコンでテンプレートを自作し
その都度入力した方が効率的です

市販の領収書ですと複写タイプが主流で簡単に控えを作れますが
手書きで作成した領収書はコピーを取るかカメラで撮影して記録として残しておきましょう

おわりに

領収書一枚書くのに随分手間がかかるなと
ふと、そもそもメルカリに領収書が必要なのかと思ってしまったら
コチラで解説しています

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする