マカロン色付けで食紅を入れるタイミングと量とは 代用品も

ホワイトデーには
「特別な人」を意味するマカロンを手作りしたい

カラフルなマカロンを作るのに食紅が必要なのは分かったけど
これってどのタイミングでどれくらい入れればいいのか
レシピを検索すればするほど分からなくなったあなたへ
食紅を入れるタイミングと量を解説していきます

更には健康面から食紅を使いたくないとお考えなら
食紅の代わりになりそうなものが
実際に使えるのかどうか解説していきます

スポンサーリンク
  

マカロンの色付けで食紅を入れるタイミングはどこ?水で溶く?

マカロンを入れるタイミングはレシピをいろいろ見ると
メレンゲを作ってから入れたり粉類と一緒に入れたり
食紅は粉のまま入れたり、水で溶いたりで違っていますね

メレンゲは繊細なお菓子なので満足の行くものを作るのに
最低でも50回作れという人がいるほどで
ちょっとレシピと違うところがあるとなにかしらで失敗します

クックパッドなどのレシピはそんな繊細なメレンゲを何度も試行錯誤して得た
レシピなのでどれが正しいというものはありません

大まかに材料と手順を自分の好みに合わせてレシピを探すよりは
一つのレシピに沿ってその通りにやった方が失敗は防げます

こう言ってしまうと
この記事の意味がなくなってしまうのでちゃんと解説します

食紅を入れるタイミングは粉類と一緒に入れるより
メレンゲを泡立てた時に入れるほうが簡単です
少しずつ加えて混ぜてください

粉類と一緒だと色の調節のために追加する食紅がうまく混ざりません
もっと混ぜようとするとマカロナージュのし過ぎになって
取り返しがつかない失敗になります

食紅は粉のまま入れるのは
マカロンは水分が多いと失敗しやすくなることからで

生地にムラなく食紅を混ぜる事を考えると
極少量の水で溶いた方がいいです

粉類が入ることで色が薄くなるのと熱が入ることで色が薄くなるので
作りたい色よりも濃い目に着色してください

一度に複数の色のマカロンを作るときは
まとめて作れるのはメレンゲまでです

マカロンを好きな色にする食紅の量はどれくらい?

初めて食紅を使う人は戸惑うかもしれませんが
どの食紅を使っても基本的に食紅は少量で色が付きます

粉状のもので付属のスプーンがついているタイプだと便利です

スプーン2杯くらいを極少量の水(お湯も可)で溶いて
爪楊枝の後ろ側に付けてちょっとずつメレンゲに加えて混ぜてください

一度に加えてしまうと濃くなりすぎることもあるので
少量ずつ混ぜながら様子を見て色の調整をしてください
これが失敗を防ぐコツです

参考までに実際に食紅を使った画像がコチラにあります
食紅を使って餅に文字を書く方法の分量の詳細と代用品を紹介
鮮やかな色にしたい時は量を多くすれば色が付きます

食紅を混ぜれば色の種類が増えますし
色を混ぜる割合を調節すればお好みの色を作ることができます

ここで曲者なのが色や素材によって特性があり

スポンサーリンク

赤は焼くと少し色が抜けるので濃いめに
青は赤や黄色よりもっと色が強く出ます
天然色素の青だと熱に弱く卵白のアルカリで色が変わってしまう

単純に紫を作りたくて青色を赤色と同量入れると濃い鼠色になったりするので

青の量は赤の1/8程度の量から加えてみてください
1/4でもかなりきつい色になります

クエン酸やレモン果汁など酸性のものを添加して色の調整してください
あまり入れすぎると赤っぽくなります

紫に関しては混色するよりも紫の食紅を買った方が簡単です

マカロンを食紅なしでつくるならコレで代用可能?

食紅は健康に良くないので何が別のものに代用して作りたいと
あれこれ代用品の名前が上がります
果たしてこれは繊細なマカロンに通用するのでしょうか?

【着色に向いてないもの】

×イチゴチョコレート
マカロンには不向き

×桜でんぶ
主原料は魚肉なので確実に味に影響が出て色も殆ど付かない

×かき氷シロップ
マカロンには不向き

【着色出来なくないが条件があるもの】

△ジャム
水分入れすぎるとマカロンは失敗しやすいので
不可能ではいですが相当の試行錯誤が必要

△紫イモパウダー
そのままだと発色がイマイチ
紫イモパウダーの1/5の食紅を入れるとキレイになる

【着色に適してるもの】
混ぜるタイミングは粉類と一緒にふるったほうが良いです

◎ストロベリーパウダー

◎ココアパウダー

◎抹茶パウダー

◎青汁

青いマカロンを作りたい方はこちらに詳細があります
食紅の青で天然色素ってある?代用品とオススメの食用色素とは

マカロンの色付けおわりに

食紅の代用品は以下の記事でも紹介しています
マカロンに通用するかどうかチェックしながらご覧になると楽しいかもしれません
アイシングクッキー着色料代用一覧と使わない方法天然着色料も

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする