ミシンおすすめ初心者向き幼稚園ママが買うなら安い便利機能

お子さんの入園準備は進んでいますか?

レッスンバッグやコップ入れなどの袋物を
ハンドメイドしようとミシン購入を考えるあなたへ

入園グッズ作った後
ミシンは使わず押し入れの中でホコリ被っている
なんてことにならないために
購入するときの注意点を解説します

スポンサーリンク
  

ミシンのおすすめを検索する裁縫初心者ママが幼稚園グッズを作るなら

入園グッズをハンドメイドすることはママになった時の憧れだったりしますよね

子どもの好きな色やキャラクターをあしらって
世界に一つだけのオリジナル作品を作って
それを見た子どもが満面の笑みで
「ママ、ありがとう!大事に使うね!!」と言ってくれる

そんな妄想を膨らませながら
「ミシン おすすめ 初心者」と検索しているところがっつり水を差します

入園グッズをきっかけにミシンを購入するママはたくさんいます
一部はそれを機に趣味になりハンドメイド品を売って収入を得て
また一部はミシンを使わずにホコリをかぶって押入れのスペースを占領することになります

子どものグッズ作りは入園時がピークで
小学校、中学校で何かを縫って持っていくことはほぼありません
しいて言えば高校の体育祭や文化祭で衣装を作る程度です

初心者で楽に使うとなるとミシンは安くても3万円台の物になります
苦手な裁縫を今後続ける訳でもないのに高い買い物をするのは無意味です

趣味でハンドメイドをしない限りはミシンを購入せず
そのお金で入園グッズをオーダーメイドした方がいいです

ネットでのお買い物に慣れているなら
「入園グッズオーダー」で検索すれば
希望のサイズで製作してくれるところがたくさんあります

ヤフオクやメルカリでも
生地を選んで大きさを指定すれば
格安ながらもオリジナリティーがある物を製作してくれます

手間がかかるところはプロに任せて
好きなワッペンだけあなたがお子さんの見てる前で付けてあげれば良いのではないでしょうか

ミシン初心者におすすめ出来ないのは安いミシン!?

子どもの入園したら自分の時間が増えるので新しくハンドメイドを始めたい
ということでしたら安いミシンはおすすめできません

先ほども説明しましたが洋裁初心者でも楽に使えるミシンは最低で3万以上の物が良いです
機能が多ければそれだけ価格も上がるのは当然のこと

中には数千円で買えるものもありますが
入園グッズでよく使われるキルティングが厚くてうまく縫えなかったり
糸調子がうまくできなくて初心者は挫折します

今回限りの使い捨てと割り切れるのであれば
取扱説明書がついてる中古品で安く買うのもいいのですが
ミシンは粗大ごみになるので処分にもお金がかかります

どうしても予算が足りないということであれば
安いミシンで簡単な直線縫いをあなたがやって
厚手の生地やオーガンジーやスウェット生地など柔らかさや織りに特徴のある難しい布は
数千円払って「裁縫代行業者」さんに頼むというのも一つの手です

予算にゆとりがあるのでしたら今後のことを考えて5万円位が良いです
保証期間が長くて日本製のものでしたら
壊れても修理もしてもらいやすくて安心です

ミシン初心者におすすめの便利機能とは

ミシンを買う時の判断基準として初心者にやさしい機能や注意点をまとめて紹介します

■重さがあるもの
ミシンは重い物の方が安定して縫えます
毎日ミシンをするというならミシン本体がプラスティックで覆われてるものではなく
鋳物部分が多く使われた見るからに重厚感のあるゴツいミシンがオススメ

スポンサーリンク

■ふところの大きいもの
ふところとはミシン中央の空洞の大きさです
この大きさ=作業のしやすさになるので重要です
最近の家庭用ミシンはふところが小さいので工業用ミシンを選ぶ人がいます

■ボックス送り、水平送りと表記があるもの
布を送り出すときの動きによって
縫ってる時の生地のずれや縫い目のずれを防止してくれます

■プライベートブランド商品ではない型番で買うこと
プライベートブランド商品とはいわゆる特定販売店のオリジナルミシンです
修理に出すのにそのメーカーに持ってい行く必要があるので手間がかかります
どれがプライベートブランド商品か初心者は分かりにくいですが
何件かミシン屋さんをハシゴしたりメーカーのサイトで確認したりすればある程度掴めます

■直線縫い、伸縮縫い、たちめかがり、ボタンホールが縫える
最低限この4つが縫えれば大体の物は作れます
縫い目の種類の多さを自慢してるミシンがありますが
実際には使わないことが多いですので惑わされないように

■自動糸調子
ミシンは上糸と下糸が合わさって縫い目を作ります
糸調子とはそれを調節する事なのですが
生地が変わるとそのたびに糸調子を調節することになるので
先ほども説明しましたが糸調子が合わなくて初心者は挫折します

■針停止位置
ミシンを止めると必ず同じ位置に針が止まり縫い終わりに糸をスムーズに引き出すことができます
この機能ないと右横のハンドルを回して針を動かす手間がかかります

■自動糸切り
糸切りボタンを押すだけで自動で糸を切ってくれます
糸を伸ばさなくても短いところで切れるため糸の節約になります

■フットコントローラー
脚でミシンを動かせます車のアクセルをイメージしてもらうと分かりやすいです
生地から目を離すことなく常に両手が自由なので初心者は失敗が少なくなります

おわりに

ミシンがあれば何でも作れると初心者は錯覚しがちですが
ミシンによって出来ること出来ないことがあります
でもミシンの知識がないとそれすら分からないですよね
そういう時はミシンを買ってどうしたいか何を作りたいかを明確にして
一度手芸屋さんに相談してみるのも一つの手です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする