ひな祭りひなあられの由来と色の意味 食べると金運アップ?

ひなまつりの準備は進んでいますか?
家族で祝う桃の節句

賑やかに過ごしてるときにお子さんが
「なんでひな祭りにひなあられ食べるの?」と
質問されて
「えーっと…」とならずに
「それはね…」
とスムーズに応えられるよう

ひなあられの由来や
色の意味を知って
予習をしておきましょう

スポンサーリンク

ひな祭りに供えるひなあられの由来や意味とは?

ひなあられの由来は

桃の節句には「雛の国見せ」という風習があったそうで
古くは三月初めの巳の日や重三と言われる三月三日に
野山や浜辺や川に出て春の穏やか日差しの下で遊びます

その時に女の子が外で人形遊びをする「ひな遊び」として
眺めのよい丘にあがってお雛様の座を作ったり
晴れ着の羽織を広げた上にお雛様を飾って
周りの景色を見せてあげていました

これが後のひなまつりになる訳ですが
そこにあられを持って行ったのがひなあわれのはじまりという説があります

また、餅を小さく切って乾燥させ炒ったものが「あられ」ということから
ひなまつりに添える菱餅を行事が終わって食べる時に砕いて炒ったのがはじまり
という説もあります

供え終った菱餅をあられにして「雛の国見せ」に行ったという流れにも
なりそうですが別の説として扱われています

ちなみに「あられ」の由来も複数あり

降ってくるあられに似ていることから「あられ」と名づけられた説と

餅を炒るときの音があられが降るときの音に似ていることから
「あられ」と言うようになった説とあります

ひなあられは東西で味も形も違います

関東風ひなあられ
「お米」を乾燥させてはしかせた「ポン菓子」といわれるもので
砂糖で味付けをした甘くサクサクとした歯触りの江戸庶民の味

関西風ひなあられ
「お餅」を小さく切って揚げたものに醤油や塩で味付けしたものです

最近ではピーナッツや大豆を甘くコーティングしたものやマヨネーズ味やチョコレート味など多様な味が登場していて
関東風・関西風の境目がどんどん薄くなっているようです

スポンサーリンク

ひな祭りひなあられの色に込められたメッセージとは?

ひなあられの色と言えば緑、白、ピンクの3色ですが
この色にはそれぞれ深い意味があります

緑は「草萌ゆる大地」
白は「雪の純白」「清浄・浄化」
ピンクは「桃の花」「生命」

また、さきほど菱餅を砕いたものという説になぞるのであれば
菱餅同様に以下のような意味も込められています

■「ピンク」は「紅」「赤」など色んな呼ばれ方をしていますが
「赤」は色自体が魔除けの効果があり物を赤く染める「クチナシの実」は薬草として解毒効果があります
「紅」はおめでたい色を表す紅白から
「ピンク」は文字通り桃の花の色を表しています

■「白」は菱の実の色で菱の繁殖力の強さにあやかり子孫繁栄と長寿の願いが込められています
更には花嫁衣装の白無垢やウエディングドレスのように穢れの無い「純白の雪」や「清浄」を表しています

■「緑」は蓬(よもぎ)の色で香りが強いことから厄除けとしての効果や
薬草としても何にでもよく効くので健康を表しています
また春の行事という事から「新緑」や「新芽」という意味もあります

菱餅の詳細はこちらで解説しています
ひな祭りに飾る菱餅の由来とは色の意味や順番終った後の食べ方

この3色のお菓子を食べることで自然のエネルギーを授かり
健やかに成長できるという意味があるそうです

ひなあられはたまに4色のものもありますよね
4色の場合は黄色が入って四季を表しています

ひな祭りにひなあられを食べると金運アップ!?

上記で説明したように様々な自然のエネルギーが込められたひなあられですが
ひなあられに限らずひな祭りに食べるもの全てに意味がありとても縁起が良いです
縁起物を感謝しながら食べることで良い運気を取り込むことができます

また、お祝い事で家族が集まり食事や会話を楽しむ事で家族に笑顔がうまれると
明るい笑顔を好む金運を自然と呼び込むことができます

あなたが金運をあげたいということであれば
外に出て太陽の光を浴びながらひなあられを食べるといいでしょう
信じる信じないはあなた次第です

食べる数は末永く幸運が続く「末広がり」で金運に良いとされる8個がベストです

ひな祭りのひなあられの由来おわりに

お子さんの成長を祝うひな祭りですが
家族が笑顔でおいしく食べられる食事があって
それに金運が上がるのであればこんないいことはないですよね

ひな祭りをきっかけに家族の幸せを見つめ直してみはいかがでしょうか?
家族で楽しめるはまぐりの貝を使った遊びについてはこちらで紹介しています
ひなまつり蛤のお吸い物の由来と漢字の意味貝合わせの作り方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする