子供用長靴のサイズは大きめで中敷き調節は危険正しい選び方

長ぐつ買ってもすぐに履けなくなるし履く機会もそうないから
大きめのサイズを買って中敷きでサイズ調節しよっと

そんなママに警告!

3歳までの子どもの靴代をケチると
とんでもないしっペ返しが来るかもしれません

スポンサーリンク

子供の長靴のサイズは大きめが正解?

長靴は着脱が楽でお子さんも喜んで履いてくれる
ママは水たまりで遊んでも笑顔でいられる
そんな素敵な長靴ですが

長く履けるようにと大きめのサイズを買ってませんか?

サイズが合ってない靴を履き続けた場合
子どもの足が偏平足や浮き指になり
将来的に健康面に影響が出る可能性があります

雨の日や砂場遊びなど目的があって履くのはいいのですが
普段履きにしたり、必要以上に履かせるのは
例え子どもが履きたがっていても控えましょう

子どもの運動神経が年々低下しているってニュースで聞いたことないですか?
その原因の中にサイズが合っていない靴を履いてることが指摘されています

足は第二の心臓と呼ばれていて
足の健康が悪いと体全体も悪くなるし
体全体の不調が足に来ることもあるんです

運動機能が低下するだけきくと
体育の成績が悪くなる程度と考えてしまいそうですが
体がゆがんでバランスが悪くなると心のバランスも崩れて
うつになったり不登校になったりでいいことが一つもありません

出費はかさみますがケチって子どもの足が変形させて
あれこれ病院探して治療してケアする手間を考えたら安いものではないでしょうか?

スポンサーリンク

子供の長靴で中敷きでサイズ調節することの落とし穴

よくネットで目にするのが「中敷き」の存在

サイズ調整ができるからと安易に100均のインソールを買ってるママは注意!
ただ長靴は履ければいいというものでは無いんです

え?だって大きいから中敷きで調節してジャストサイズにしてるのに何が問題なの?
と思うかもしれませんが

上記で説明した通りちゃんと足に合ったものじゃないと
結果的に足を悪くすることになります

ネットを見るとサイズの合わない靴をどうにか履かせようと
長靴に何を詰めればいいのか
やれ100均インソールだティッシュだメラミンスポンジだ

長靴を履くために何か新しいものを買うのであれば
その長靴はメルカリにでも売ってしまって
ジャストサイズの長靴を買ってあげた方が手っ取り早くていいと思いませんか?

経済的な問題もあると思いますが
だからこそ正しい靴の選び方を知って
子どもに合った靴をサイズアウトするまで履きつぶした方が
あれこれ詰め物探す時間も浮いて安く上がりますよ

ただ安いからという理由だけで子どもの靴を選ぶのは控えましょう

子供の長靴の正しい選び方とは?

長靴は出来るだけ普段使いしない方がいいのですが
子どもが気に入ってしまってなかなか手放そうとしない
ということも考えられるので
予めなるべく足に負担のかからない足にやさしい長靴を選んであげましょう

足にいい靴の条件は

1.つま先が広くて指が自由に動かせるだけのゆとりがある
2.かかと部分の作りがしっかり固定しているもの
3.つま先の付け根で曲がるものまたは反りがあるもの
4.甲の高さがぴったりフィットしてるもの
5.底に弾力性のあるもの

この条件で長靴を探すと様々なブランドの長靴が出てくると思いますが
レビューや口コミだけで購入しない様にしてください
どれだけ他の子どもの足に合ったとしても
あなたのお子さんの足に合うとは限りません

ちゃんとお子さんに試着させて
お子さんの足に合ったものを選びましょう

子供用長靴のサイズについておわりに

子どもに試着させて長靴を選ぶコツはコチラで語ってます
子供の長靴デビューはいつから 選び方と金額の相場をご紹介

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする