アイシングクッキー作ってみたスキムミルクでビスケットは市販

アイシングクッキーを着色料を使わずに
小さい子どもでも食べられペットの犬用としても使われてる
アイシングにスキムミルクを使ってみました

コルネの練習するためにクッキーは焼かず
市販の100均ビスケットで済ませるという横着感丸出しですが
とにかくアイシングをやってみたいということで材料を買ってきた
コチラの記事の続編です

実際にやってみてどーなの?
と気になるあなたの参考になれば幸いです

スポンサーリンク

勢いだけでアイシングクッキーを作ってみた

前回の記事(コチラ)では材料を紹介しましたが今回は道具を紹介

●100均で売ってる小さいプラスティックのボール

●子どもの離乳食用スプーン

●コルネ
衣料品が入ってたOPPの袋
ホッチキス
セロハンテープ

●ふきん(コルネの乾燥防止に使える綺麗なもの)

●作業用の平らなお皿

1.コルネを先に作る色の数+予備分(2~3枚)を作っておきます

2.スキムミルクを適量ボールに入れます

3.水でスキムミルクを溶きます
今回は水道を細く出して少しづつ入れましたが
水がドバッと入りそうで怖いという場合はスプーンに一度水を入れて調節してください

画像だけでは分かりにくいですが固さはこんな感じ
光沢が出て練乳のようにトロトロォ~ってなってればOKです

4.色を作る
今回使ったのはブラックココア 黒のアイシングとして使われます
書くイラストは↓↓なので作る色はグレーと黒(黄色は割愛)

トロトロになったスキムミルクにブラックココアを粉のまま入れてしまいました
折角丁度良い固さになったのに粉を入れたことで固さが変わり
再び粉と水を足して調節することになります

粉の段階で一緒にした方がいいですね

5.色と固さが丁度良くなったらコルネにつめます

これを色ごとに何回もするんですが
他の色作ってるうちに先に作った色が乾燥し始めます
時間との戦い?

黒は顔のパーツを書くだけと少なめに作ったら
全然コルネに入らないし乾燥も早いので
少ない色でも多めに作っておくのがいいです

そして横着してコルネのアイシングを入れる尖った先じゃない方をただ手で持っていたら
絞るときに垂れてきて手が汚れました
コルネはちゃんと封をしましょう

6.クッキーにアイシングする
絞る作業は練習すればだんだんコツがつかめるので
とにかくやってみた方がいいです こればっかりは

7.乾燥させて完成
乾燥時間は30分か1時間ぐらいだったと…

スポンサーリンク

アイシングをスキムミルクで作ってみた結果

固さ調節は水と粉で固さ調節できるので時間はかかるかもしれないけど
やってできないことはない

水が足りないものは乾燥してからヒビが入ました
これは通常の材料で作ったアイシングクッキーと同じですね

水加減が丁度いい成功したアイシングの場合は
ちゃんと乾燥してるのかが分かりにくく
おそらく表面が乾燥しただけであろう状態だと
シリコンのようなグニグニとした障り心地です

見た目はぷくっとしていて光沢もあるのでちゃんと可愛いです(笑)

気になる味ですが
スキムミルクを粉のまま食べてるようで超甘くて味が濃ゆいです
ビスケット全体にアイシングすると甘さを中和させるのにもう一枚ビスケットが必要でした
大人が食べても甘すぎると思ったので子どもには食べさせませんでした

今回使ったブラックココアは乾燥すると色が濃くなったので
アイシング作るときに作りたい色よりも薄めにしておく方がいいです
作ろうとした元の色と出来上がりを比べて頂けると分かりますよね

アイシングクッキーの代用としてビスケットを市販で済ませた結果

簡単なイラストであっても土台が小さいので作業しづらかったです
イラストよりもハートや星のマークやアルファベット1文字などが適しています

時間が経つにつれてアイシングの水分を吸収して湿気てしまい
食感はサクッではなくグニャって感じになります
作ってすぐに食べれば大丈夫ですがプレゼントには向かないです

入ってる枚数が多いのでコルネが残っている限りたくさん練習が出来ます
まさにコルネの練習に適していると言えます

おわりに

容器に残ったアイシングは着色料を使った場合はそのまま捨てますが
スキムミルクの場合はお湯で溶かしてそのまま飲めます

スキムミルクだけではなくブラックココアを加えた別の味も楽しめるし
容器がキレイになるので一石二鳥 最後のお楽しみにどうぞ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする