赤ちゃんうんちもれした時の処理法洗濯で黄ばみを取るには?

母乳で育てている離乳食前の赤ちゃんや風邪による下痢なんかで
うんちがオムツを超えて服についてしまう事あるじゃないですか?

どうやって洗濯してます?

赤ちゃんがうんち漏れしたとき効率よく処理する流れ
うんちがついた服の洗濯の仕方
体験談を踏まえた黄ばみ取りのオススメアイテムを紹介します

スポンサーリンク

赤ちゃんのうんちもれの効率的な処理方法

スヤスヤ寝てる時にペシペシと子どもに起こされる
「う~ん…目覚めのおっぱいね~ハイハイ」
と出したおっぱいを飲み始める我が子

と同時に香しい匂いが

「あ、うんちしてる オムツを替えてからおっぱい飲もうね~ーって エェッ??」

夜の間にしたうんちが子どもの服にまでべったり

「はぁ~… 朝からやってくれたな」

こんな経験ありませんか?
うちの子は一歳半過ぎた今でも下痢の時にやってくれます

寝返りする前はひたすらおしりふきでふき取って
オムツと服を着せていたのですが
動き始めるとそうはいかないですよね

ゴロゴロとうまく身をよじるんですよ
ハイハイが始まったらもっと…

そんな時はもう服のままお風呂のシャワーで流しちゃいましょう
お風呂はめんどくさいと思われがちですが
やってしまうと楽だという事に気が付きます

月齢が1歳未満だったり小柄なお子さんでしたら沐浴用の浴槽でも構いません
我が家は洗面台が大きく蛇口がシャワーになるタイプだったので
そこで沐浴させていました

うんちが他のところにつかないようにと
あちこち動く子どもと格闘するよりも
しっかりお尻はキレイになるし楽だし

夏なら汗を流して
冬なら体を温めて
一石二鳥

そして服についたウンチは早めにお湯で洗った方が良くて
その水温は子どものシャワーの温度(40度)位が丁度いいんです

そしてうんちのついた服を脱がせるのに
うんちが赤ちゃんの体につかないようにと
脱がせるという気を遣わなくてもいいんです

例えうんちがついてもシャワーで流せばいいんですから

「いやいや、そういう問題じゃ無くない?」と思ったママは
肌着をくるくる巻いて脱がせるとうんちが付いた部分が巻かれて触れられないようになるのでお試しください

服を脱がしたら子どもさんをシャワーでキレイキレイしてあげて
保湿してオムツつけて服着せて子どもを先に終わらせます

そして次に服を洗います
このときは服についてるうんちを擦り洗いする程度で大丈夫です
素手に抵抗がある場合はゴム手袋をしましょう

スポンサーリンク

赤ちゃんのうんちもれした服の洗濯方法

うんちは水溶性、中性、アルカリ性の
いろんな成分が混じってます

なのでこれらを順番に落としていく事になります

前章でお湯で水洗いしたことで
水溶性の汚れは取れています

続いて
食器洗い用の中性洗剤を水と混ぜて手洗いします
綿100%の肌着であればがっつりこすり洗いしちゃって平気です
(丁寧に洗うのに越したことはないですが)

これで中性の汚れを取ります

最期にアルカリ性の汚れを
体を洗う時に使う固形石鹸を
汚れにこすり付けてよく泡立て手洗いします

この固形石鹸ですがアルカリ性のものを使ってください

弱酸性の石鹸だったり
ボディーソープ派の方は
衣類洗濯用アルカリ性の石鹸を持っておくと心強いです

最後に洗濯機で普通に回して完了です
特別な洗剤を使わずにできるので
すぐに試せると思います

うんちの黄ばみを洗濯で簡単に落とすオススメの方法

うんちが付いた衣類の黄ばみはなかなか落ちません

↑で紹介した方法でもいいんですが
ぶっちゃけ育児中に洗濯にそこまで時間を割きたくない
できることならもっと簡単に時短したい

そこで私が使ったのは
市販の衣類用のハイターです
商品名でいうと
「ワイドハイター粉末タイプ」や「カラーブライト」です

ここで大事なのが「衣料用」を選んでください

過去に一度キッチン用でつけおきしたら
色がガッツリ抜けたことがあります

液体よりも粉末の方が効果が強力なので
つけおきするなら粉末の方がいいのです

つけおきの水温は40℃~60℃
1リットルに対して大さじ1杯程度溶かした液の中に服を入れる
つけおき時間は1~2時間うんちの臭いも殆ど消えます

体験談として
つけおきしておけば確かに黄ばみは落ちます

ですがうんちが立て続けに漏れたり
連続して嘔吐で汚したりすると次第に着替えさせる肌着が無くなります

10枚以上肌着を用意しているなら大丈夫かもしれないけど
我が家は5枚だったのでつけおきする余裕がなかったです

そこでやってみたのが
液体のワイドハイターを付属の蓋に少量入れて黄ばみに直付けして
それとは別に洗濯機にも水の量にあわせて入れて洗濯してました

1回ではキレイにならないけど
2回同じように洗えばきれいになります

本体の説明書きにも
「繰り返し使うことでキレイになります」的な文言がありますしね

ただ範囲が広いと直付けも大変になってるので
どうしたものかと考えた末に見つけたのが

スプレータイプ!!

下洗いの後に「シュッ」と黄ばんだところにスプレーします
一気に広い範囲に塗れるし簡単です

臭いも黄ばみもキレイに落ちます

これもワイドハイター直付けと同様
1回でキレイにならなくても
2回目にはキレイになります

この方法はカレーとか水性ペン等の
うんち以外の汚れでも使えます
(我が家で実証済みです)

あとは出来るだけ乾燥機ではなく
太陽の日差しの下で干すのもポイントです

子どものうんちの色の元は
ビリルビンという物質の色で
生まれたばかりの赤ちゃんの顔が黄色くなる
新生児黄疸の原因になるヤツです

赤ちゃんの時はこのビリルビンがうんちとして出てくるんですが
日光にあたると分解されて消えちゃうんです

日差しが当たるとキレイになるという話は本当なんですね

赤ちゃんうんちもれの洗濯 おわりに

お子さんがもし風邪を引いてるということであればこちらを読まれることをオススメです
子供が風邪で昼寝から起きない理由一歳半で夜泣き復活夜寝ない

↑とは別に
赤ちゃんが畳にうんちしちゃってたら
コチラ合わせてご覧ください
畳の上のうんち掃除失敗から学ぶ正しい道具と手順で除菌消臭

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする