レッスンバッグの持ち手を短くする方法長さ調節も可能に | ぷろぐれったねっと

レッスンバッグの持ち手を切らずに短くする方法で長さ調節も可能




通園バッグを買ったはいいが実際に子どもに持たせてみると持ち手が長いっ!?

針と糸を使いたくないから市販の手提げバッグを買ったのにこれじゃあ台無し…
どうにか簡単に長さを変える方法はないのかな

そんなあなたに簡単で安く鞄の持ち手の長さを変えて
なおかつ長さを自由に調節できる方法をご説明します

スポンサーリンク

レッスンバッグの持ち手を針糸なしで短くするには

手提げバッグの飾りが取れたとかなら布用接着剤でペタッとできますが
持つところとなるとそうはいきませんよね

絵本バッグの機能を果たすためには
持つ部分に絵本が入っても耐えられるほどの丈夫さが求められます

ハンドメイド好きのママなら
「あら持ち手長いわね ちょっと直すわね」で長さを短くすることは出来ますが
世の中すべてのママがお裁縫が出来る訳ではありません

かといって安全ピンでとめるのは子どもがいたずらで針を出しそうで危険だし
でも自分で縫うのは億劫だし、キレイにできる自信がないしどうしよう…

そこでご紹介したいのはコチラ

その名も「ベルト送り」
セリアのテープが貼ってあるのでお分かり頂けると思いますが3つ入りで100均で売ってます

これをどうするか画像付きで手順を説明します

用意するもの
・長さを短くしたいおけいこバッグ
・洗濯バサミ 2つ
・巻尺やメジャー、物差しなど長さを図るもの
・ベルト送り(持ち手の幅にあったもの) 2つ

今回は解説用にこのトートバッグを使います

1.短くしたい長さを図ります

1-1子どもにバッグを持ってもらい、長い余分な持手をつまんで洗濯バサミでとめます

1-2少しだけ洗濯バサミをずらします

1-3開いたところを反対側から別の洗濯ばさみで止めます
このとき止めるのは上の持ち手だけです

↑↑こんな感じ

1-4最初にとめた洗濯バサミはそのまま上の持ち手だけ取って下の持ち手だけ挟みます

1-5
持ち手を伸ばして洗濯バサミの間の距離を図ります写真だと9cmですね
センチ単位でざっくりと図ってください
これが短くしたい長さ(★)とします

2.持ち手の付け根から(★)の長さを図ります
写真では分かりやすくするために布に直に書いてますがそこまでしなくていいです
(★)を図ったら洗濯バサミでとめます

3.持ち手の付け根と(★)を重ねて指で押さえ洗濯バサミを取ります

4.ベルト送りの持ち手側の穴につまんだ分を入れてベルト送りを持ち手の付け根まで持っていきます

5.ベルト送りがずれないように持ち手と一緒に抑えながらもう片方の穴に柄をいれます

片方完成です
取っ手が短くなりました

6.もう片方の持ち手も2.から同じようにすれば完成です

分かりやすいようにもう片方は内側にベルト送りをつけましたが
実際は両方外側の方が見ためがいいです

スポンサーリンク

レッスンバッグの持ち手の強度はどうなの?

重い物入れたらベルト送りが外れるのではと不安に思いますよね
家にある絵本を入れてみました

これだけ入れてバッグを振り回しても大丈夫でした

ただし、短くしたい長さが5cm以下だったり持ち手に厚みがある場合は
ベルト送りがピョンととんで外れることがあります

そういう時はストッパーとしてマスコットやキーホルダーをつけておくと安全です

こんな感じ

レッスンバッグに名前付けもできます

上の写真で写っていますが

スナップボタンのネームリボンをつけておくと名前をつけることもできます
バックに直接書かないので組が変わっても書き換えできるし下の子へ使いまわしも可能です
ストッパーとしては頼りないですがベルト送りがピョンととんで外れることは防げます

名前の書き方についてはコチラで説明しています

保育園のご入園おめでとうございます 入園準備の中で大変なのが持ち物の名前付け いざ名前を書こうとしたら 名前を書くのは漢字なのかひらがななのか? はたまたカナカナなのか? 苗字だけ名前だけで充分なのか? 迷って手が止まりませんでしたか? 子どもの名前の書き方について説明します

バッグの持ち手の長さが調節出来るという事は

この方法は子供の幼稚園バッグにだけではなく
あなたが普段使っている
貴重品を入れてるショルダーバッグや
大きい荷物を入れてる鞄として
トートバッグ、エコバッグ、ママバッグなどでも使えます

レッスンバッグの持ち手を短くする方法おまけ

ベルト送りでできることは
持ち手を短くしてネーム札やチャームを吊るすだけではありません

ベルト送りで作った輪っかに鍵やキーケースを付けられます
内側につけておけば万が一落ちでも大丈夫

是非お試しくださいね

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする