子供の熱39度が続いて座薬でも下がらない時いつ病院に行く?

子供ってしょっちゅう熱を出しますがママはどう対処してますか?

いくら子どもが頻繁に熱を出すものだと動じなくても
内心はヒヤヒヤしますよね

1歳半の子どもの熱が何日も下がらなかった時の体験談をお話します
同じようなことが起きてるママに少しでも参考になれば幸いです

スポンサーリンク

子供の熱39度が続くんだけど大丈夫?

風邪の治りかけだった子ども
心配だったけどもう大丈夫かなと自己判断で近所の子どもイベントに参加
慣れないシチュエーションに緊張したり興奮したり興味を持ったりとたくさんの刺激を貰って
おもてなしで貰ったお菓子をたくさん食べてぐっすりお昼寝しました

寝起きは体温が高いので気づかなかったけど
子どもを抱っこすると熱い?
体温を測ると…39度!?
あーしまった人が多いところに行って風邪をぶり返したかと後悔

人が熱を出すのは体の菌を熱でやっつけるため
だけどその熱に体がもたなくて脱水症状とか痙攣とか起きたら大変

熱が出たときは余っていた座薬を使って熱を冷ます
脱水症状を防ぐためにたくさん水分とらせて寝かせておけばとりあえず大丈夫
食欲なくても母乳を飲めれば充分

(食事についてはコチラで語ってます)

無理やり食べさせたらそれを消化してエネルギーに変えるまでにエネルギーを使うので
体内で菌をやっつける作業に集中できない

菌をやっつける為に無駄なエネルギーを使わせないために子どもは寝る
寝過ぎて心配になるくらい寝る

(寝過ぎについてはコチラで語ってます)

これで子どもの熱が下がって徐々に元気になるだろう
また体の免疫が強くなるなーよしよし

本気でそう思ってたんです

スポンサーリンク

子供の熱冷ましで座薬使っても下がらない?

今までの経験上、風邪で熱が出たときは1晩座薬を入れて寝かせれば
坐薬の効果で汗びっしょりになって
翌日の夕方には平熱に戻ってるんです

子どものかかりつけ医では
座薬をうまく入れられなかったときのためにと5錠処方されるんですが
その時は問題なく座薬を入れることができたので余ったんですね

今回の熱でその余った座薬を使ったんですが
子どもが全然汗をかかず熱も微熱程度にしか下がらない

子どもは多少熱で甘えん坊になってる
いつもより控えめだけど元気に遊んでる

処方された座薬はアンヒバ坐薬小児用100mg
38.5度以上の熱があるときに使えて
連続で使用する場合は6時間空けること
1日2回までが目安

うちの子どもは熱が39度以上になると夜中に目が覚めてしまうので
夜寝かすときパジャマに着替えるついでに1回
更にはお昼寝から起きる夕方15時ごろまた熱を出すので1回

ホルモンの関係上夜と夕方に発熱しやすいので
間隔をあけて使い続けましたが熱は一向に下がらなかったんです

水を煮沸消毒するために沸騰しようと思ったら強火で一気に温めますよね
それを中火~弱火でコトコトしてたら沸騰するのも遅くなるのと同じなんでしょうね

菌をやっつける為の熱を座薬で抑えてしまってるから
治りが遅くなって長期戦になってるんだなーっと呑気に構えながら
インフルエンザやノロウイルスかも?と脳裏に過ることもありました

高熱の時は頭がおかしくなる事もあると知っていたので覚悟はしていたんですが
子どもはいつも通り元気そうにしてるので大丈夫そうです

子供の熱が続く中で病院に行く決め手は…

熱が出てから病院に行くまでの期間は2日でした
その間はずっと坐薬でつないでひたすら熱が下がるのを待っていました

子どもの発熱は4日もあれば下がるそうですが我が家の場合
あ、これは病院行かないとまずいなって危機感を感じたのは子どもの嘔吐です

消化器が「こんなに食べ物いらないよ」って嘔吐するのであれば
ただ単に風邪の症状だと思えたんですが

その時子どもは一口位しかご飯を食べなかったし
ほとんど母乳や野菜ジュレといった飲み物で栄養を摂っていたんです
飲んでから数分して必ず吐きました

胃に届いてないようで吐しゃ物特有の酸っぱいにおいはしませんでした
汗も座薬を使わないとかかないしおしっこの量も少な目
それで水分補給が出来ないのは風邪の症状からしても危険と判断

そんな状態が続いて子どもの機嫌が次第に悪くなりました
自分の体がいつもと違って不安で落ち着きたくて母乳飲んでも吐いてしまう
辛かったと思います機嫌が悪くなって当然です

怖くて不安で仕方がなかったのでしょう
自分が不調であることを必死に伝えようとずっと大声で駄々をこねていました

多分これは風邪じゃない何か菌を貰ってきてる
ここでやっと確信して病院に行きました

いつものかかりつけ医がお休みだったので別の小児科に行きました
機嫌が悪い状態でさらに初めての場所で知らないおじさん(先生)にあれこれされて
この世の終わりかと思うくらいの声で叫び抵抗する子どもを落ち着かせるのに必死でした

子供の熱39度が続いた件おわりに

診察結果は「溶連菌性咽頭炎」
初めて聞く言葉に戸惑い焦りましたが
帰り際、受付で詳細が書かれたプリントをもらい熟読しました

続きはこちら
溶連菌の薬は5日分だけ処方され副作用で症状悪化して1週間服用

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする