溶連菌の薬は5日分だけ処方され副作用で症状悪化して1週間服用

子どもが溶連菌に感染して心配しているあなたへ
うちの子が溶連菌に感染したときの体験談をお話します

今回は主に薬について
処方された薬の種類や飲ませ方
抗生物質の副作用などについて触れています

少しでも参考になれば幸いです

スポンサーリンク

溶連菌の薬は5日分処方されました

風邪からくる熱だと思っていたのに解熱剤を使っても丸2日微熱と高熱を繰り返し
ついには何を食べてもすぐ嘔吐する事から心配になって病院に行こうとするも
かかりつけ医がお休みだったので別の小児科に診てもらいました
(その時の詳細はコチラ

診断結果は「溶連菌性咽頭炎(ようれんきんせいいんとうえん)」

溶連菌という菌が喉にくっついて
喉の痛み、高熱、手足に発疹が出る、舌がいちごみたいになる感染する病気

子どもに出た症状としては発疹はないし舌もいちごではないので軽度なのかもしれません

抗菌薬を10日間飲むとあったんですが実際に処方された抗生物質は5日分でした

病院によると
「抗生物質は体との相性があるので様子をみながら服用してほしい
薬の効果が無いようなら使用をやめて
かかりつけ医に診てもらって残りの期間の薬を処方してほしい
薬を飲み始めて24時間以上なら感染の心配はないですが
念のため翌日の保育園は休んだほうがいい」

溶連菌と診断されに処方された子どもの薬の名前

■サワシリン細粒10% 飲み薬 ペニシリン系抗菌薬
■アンヒバ坐薬小児用 座薬

子供が薬を嫌がって飲まないし吐くのが心配

水分摂ってもすぐに吐いてしまう状態だったのでそのときは食事の時間を作らず
15分おきに母乳を一口二口ずつ飲ませていました

薬は食後に飲むタイプですが吐かれたら意味ないので
母乳飲ませる→15分後→薬飲ませる→15分後→母乳飲ませる といったサイクル
飲ませる時間は時間を朝8時 昼12時 夜18時と設定

子どもの水分補給用に買った野菜ジュレに混ぜて飲ませました
量が多いと飲みきるのが大変なのでティースプーン1杯より少な目にします

飲ませようとすると物凄く抵抗されますがそこは心を鬼にして手足を押さえる
口を開けないときは「イヤー!!」と泣き叫んで口を開けるまで待ち開けた瞬間に一気に流し込む
これを2回くらい繰り返してやっと全部飲ませられました

飲み終えたらのもすごく褒めます
「やったーおくすり飲めたね!!頑張ったね~」
ハグして頭をナデナデ背中をトントン
そして「ありがとうございます」とお礼も言う

スポンサーリンク

溶連菌の症状悪化 原因は薬の副作用?

熱は下がったけど食べたらすぐ吐くという嘔吐は治まらず

病院へ行ってから2日くらい経ったかと記憶してます
オムツからはみ出してズボンにまでべったりと
個体ではないいわゆる水うんちがついてました

水分ばかり取っていたから当たり前といえば当たり前なので
特に気にしませんでした

嘔吐が治まらないのと残りの薬をもらうため
かかりつけ医に診てもらったときに「下痢してる?」と聞かれ
「あぁそういえば」とやっと下痢を認知

かかりつけ医によると
「(嘔吐の原因は)生まれて初めて抗生物質を飲んで
胃の中の良い菌までやっつけちゃうからびっくりしちゃってるんでしょうね
一応整腸剤出しときます
あと最初に行った病院とは違う抗生剤出しておきます効果は同じなのでご心配なく」

かかりつけ医が処方した溶連菌の薬の名前

■セフゾン細粒小児用10% 
■ビオフェルミンR散 
2つとも同じ袋に入っていました

溶連菌の薬の服用期間は1週間以上?

薬を飲み始めてから1日~2日で熱は下がりのどの痛みもなくなりますが
途中で薬を飲むことを止めると再発や合併症を起こすことがあるので最後まで飲みきりましょう

最初に受けた病院でこう言われたわけですが薬の飲み忘れがあって
結局薬を全てのみ終えたのは薬を飲み始めて12日後のことでした

サワシリン細粒を飲んでも3日目には吐かなくなったので全部飲み切りました
祖父母の前で飲ませようとしたときは子どもが見栄を張ってすんなり飲んでくれたのが良い思い出です(笑)
あんなに嫌がっていた子供も最終的には自分で薬の入った器を持って飲むようになりました

診察から1~2週間後
・元気がない
・顔のむくみ
・血尿
があれば再受診してほしいということでしたが
全く当てはまらなかったのでそのままです

菌がお腹に潜伏して再発するかもと病院で検査してもらおうと思ったのですが
食欲が戻って「こんなに食べられたっけ?」と驚くほど食べて
しっかりと健康なうんちをしてるのでやめました

おわりに 溶連菌は薬で治療が一般的ですが…

子どもの看病してる間に大人のママが感染しました
授乳中なので薬が飲めず、感染したとも思っていなかったので風邪だと思い自然治癒で治しました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする